【FEエコーズ】オーバークラス メイヴの性能は? 気高き女王の祭壇 レビュー

2017/06/03

2017年4月20日発売されました『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』

1992年にファミリーコンピュータ用ソフトとして発売された『ファイアーエムブレム 外伝』のリメイク作品として発売された本作。

その追加コンテンツ第3弾として『封印の祭壇セット』が2017年5月24日に配信されました(セット価格:税込1500円)

  • ゲイレルルへのクラスチェンジが可能となる『槍かざす騎士の祭壇』(税込200円)
  • スパルタンへのクラスチェンジが可能となる『盾かつぐ巨人の祭壇』(税込200円)
  • マッハへのクラスチェンジが可能となる『漆黒のカンムリドリの祭壇』(税込200円)
  • モルガーナへのクラスチェンジが可能となる『闇まとう淑女の祭壇』(税込200円)
  • タイタニアへのクラスチェンジが可能となる『高潔なる妖精王の祭壇』(税込200円)
  • ヤシャへのクラスチェンジが可能となる『恐るべき戦鬼の祭壇』(税込200円)
  • エレファントへのクラスチェンジが可能となる『弓もち猛る巨象の祭壇』(税込200円)
  • ソロモンへのクラスチェンジが可能となる『書を抱く賢者の祭壇』(税込200円)
  • メイヴへのクラスチェンジが可能となる『気高き女王の祭壇』(税込200円)
  • オーバーロードへのクラスチェンジが可能となる『大いなる覇王の祭壇』(税込200円)

最上級職を越えたさらなる兵種「オーバークラス」にクラスチェンジすることが可能となる『封印の祭壇セット』

今回はその内の『気高き女王の祭壇』に焦点を当てて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

オーバークラス「メイヴ」へのクラスチェンジが可能に!

『気高き女王の祭壇』ではプリンセスレベル20がメイヴへのクラスチェンジが可能となります。

プリンセスはセリカ専用の兵種であり、必然的にメイヴもセリカのみがクラスチェンジできるオーバークラスとなります。

そう考えると他の『封印の祭壇セット』に比べるとコスパが悪いように感じますが、そこは主人公補正でメイヴは他のオーバークラスよりも上限値の上昇量が多くなっています。

プリンセス自体の性能としては神官からクラスチェンジするということで、剣と魔法の両方を使うことができます。

回復魔法こそ「リカバー」しか覚えませんが、攻撃面では多くの魔法を覚え、物理と魔法を状況に応じて切り替えて運用することができるとを考えると強力な兵種の1つであることは間違いないでしょう。

メイヴの追加要素

オーバークラスには兵種ごとにそれぞれ別の追加要素が加わることになります。

メイヴの追加要素は魔法「オーラ」

『ファイアーエムブレム』においては如何にも重要な女性キャラクターが覚えそうな魔法である「オーラ」ですが、思い返せばセリカは「オーラ」を覚えていませんでした。

「オーラ」そのものは非常に強力な魔法ではあるのですが、セリカの場合、この時点で5種類の攻撃魔法を習得しているので、今更覚えられても必要ないと言える魔法でもありますね。

メイヴの上限値の上昇量

オーバークラスは兵種ごとに異なりますが、一定の数値の上限値が上昇することになります。

メイヴの上限値の上昇量
HP ATK TEC SPD LUC DEF RES MOV
0 +2 +2 +2 +5 +2 +2 0

前述通り、主人公補正によって全てのステータスの上限値が+2ずつ上昇します。

LUCに至っては+5も上昇し、これによって不意の必殺による事故も少なくなると思います。

主人公であるセリカが倒されてしまうと「ミラの歯車」を使う暇なくゲームオーバーになってしまうので、この大幅成長は素直に嬉しいですね。

オーバーロードに比べてメイヴを入れるメリット・デメリット

オーバーロードとメイヴに関してはそれぞれ主人公であるアルムとセリカしかクラスチェンジすることができません。

この2人に関しては最低でもどちらか一方を必ずパーティーメンバーに入れなければいけないわけですが、そうなった時にどちらを入れるべきか悩みどころですよね。

そこで簡単にメリット・デメリットで比較したいと思います。

オーバーロードと比べてメイヴを入れるメリット

  • 物理攻撃と魔法攻撃を使い分けることができる
  • 「リカバー」で味方を回復することができる
  • SPDとRESの上限値はセリカの方が上

オーバーロードと比べてメイヴを入れるデメリット

  • 弓を装備することはできない
  • 攻撃射程はアルムの方が上
  • ATK、TEC、DEFの上限値はアルムの方が上

簡単に比較してみましたが、どちらの方が上ということもないので、他のパーティーメンバー次第でどちらを入れるのかを決めるのも良いと思います。

またゲームオーバーの危険性を気にしないのであれば、両方ともパーティーメンバーに加えるのもありだと思います。

スポンサードリンク

他の追加コンテンツのレビュー記事はこちら

追加マップ第1弾『戦士の旅立ちセット』

追加マップ第2弾『勇者のチャレンジセット』

追加マップ第3弾『封印の祭壇セット』

追加マップ第3弾『解放軍の前日譚セット』

追加マップ第4弾『新たなる仲間』

またこれ以外の『FEエコーズ』に関する記事は「ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王 記事まとめ」にてまとめています。

もしお時間がございましたらそちらもご覧ください。

-ファイアーエムブレム
-, , , , , ,