おもひでぽろぽろ 高畑勲監督の意地 タエ子とトシオの旅路の行方

2015/09/18

2015年8月14日(金)から3週に渡り金曜ロードショーで巨匠・高畑勲監督の作品が年代順に放映される。

8月14日には『火垂るの墓』が、8月21日には『おもひでぽろぽろ』が、8月28日には『平成狸合戦ぽんぽこ』が放映されるわけだが、そのいずれも高畑勲監督を代表する名作だ。

だがジブリ作品といえば『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』など宮崎駿監督を思い浮かべる人の方が多く、高畑勲監督はどことなく影に隠れがちな印象を受ける。

そこでここでは放映前に軽くおさらいも兼ねて各作品を紹介していこうと思う。

今回は『おもひでぽろぽろ』

スポンサードリンク

宮崎駿監督「この作品は高畑勲監督にしかできない」

omoide_poroporo2

『火垂るの墓』の公開日までに彩色作業が終わらなかいという不手際を行い、一時はアニメ監督を廃業しようと考えていた高畑勲監督。

しかしそんな高畑勲監督に待ったをかけたのは他ならぬ高畑勲監督の盟友であり同じジブリに所属している宮崎駿監督だった。

宮崎駿監督『おもひでぽろぽろ』の企画を「この作品は高畑勲監督にしかできない」と考えて持ち込んだ。

これは想像でしかないが高畑勲監督は最初、この話を辞退しようとしたのだと思う。

しかし宮崎駿監督に強く推され、監督を引き受けるに至ったのではないだろうか?

真実のほどはわからないが、どちらにしても高畑勲監督宮崎駿監督の期待に応えたのは違いない。

リアリティを追求する高畑勲監督のこだわり

omoide_poroporo4

『おもひでぽろぽろ』のストーリーの内容は、田舎に並々ならぬ思いを馳せている主人公のタエ子が夏休みの長期休暇に山形で過ごすことになり、その中で小学校時代に田舎に憧れていた思い出していくというものだ。

そのような物語のため基本的には現在(1982年)と過去(1966年)の視点が入り混じる形で物語が進んでいくわけだが、映画を見ていく中で時代背景に沿ったリアリティの追及が徹底されていることがわかる。

舞台となった1982年当時の山形県山形市高瀬地区の様子が綿密に描かれており、またタエ子が回想する1966年の描写もブラウン管で放映されているテレビの内容といった細かい部分まで徹底的にリサーチされて描かれている。

さらに本作の主題歌である「愛は花、君はその種子」は1979年に公開されたアメリカ映画『ローズ』の主題歌の日本語バージョンであり、その日本語訳はなんと高畑勲監督自らが行ったのだという。

『火垂るの墓』の時もそうだったが、高畑勲監督のこだわりというのは本当にレベルが高いと感じさせられるエピソードだ。

50年前の風景を求めて

omoide_poroporo3

『おもひでぽろぽろ』で描かれているのは「田舎への憧れ」、そして「古き良き時代の風情」だ。

劇場公開された1991年当時から見ても昔と感じられる1966年の世界を丁寧に描いた『おもひでぽろぽろ』

作中では現代社会ではほとんど目にすることのなくなったものが、多くでてくることになるだろう。

それだけではなく都会でしか住んだことのない人にはリアルな田舎を、田舎で幼少期を過ごした人には望郷の思い出が思い起こされることだろう。

そういったものが見れるアニメ映画はほとんどないと思うので、再び金曜の夜は家族と一緒にテレビを視聴してみるのもいいかもしれない。

スポンサードリンク

「3週連続 夏はジブリ」 他の記事はこちら

火垂るの墓 戦後70年の今だからこそ見るべき鎮魂の物語
おもひでぽろぽろ 高畑勲監督の意地 タエ子とトシオの旅路の行方 ←今ここ
平成狸合戦ぽんぽこ 紅の豚や耳をすませばとの意外な関係性

-映画
-, ,