【FEif】カップリング&スキル考察 ゾフィー おっちょこちょいなオールラウンダー

2016/11/17

『ファイアーエムブレムif』における結婚システム。

同性間の職業にクラスチェンジできる「バディプルフ」

異性間の職業にクラスチェンジできる「マリッジプルフ」

さらに結婚相手との間には子供が生まれ、外伝をクリアすることによって仲間として運用することができるようになる。

ではどのようなカップリングにすればより強いユニットを作り出すことができるのか?

そういったコンセプトで筆者のおすすめのカップリング相手とスキル構成例をキャラクターごとに紹介していきたいと思う。

今回は親友騎士サイラスの娘、ゾフィーについて紹介。

スポンサードリンク

殺し系スキルで固める

zofy

ゾフィーの固有スキルである「おっちょこちょい」に関しては、攻撃命中時に相手の守備力を3下げ、衣服を剥ぎ取る効果がある。

衣服を剥ぎ取るのはともかく、守備力を下げる効果は「守備封じ」以外の他の封じ系スキルと重複する。

なのでゾフィーはターン開始時に間接攻撃などで敵のステータスを下げ、止めを他のユニットで刺すという運用がいいだろう。

だがそれ以上に有効なのは各種武器を持った相手に対し、50%の命中率上昇と回避率上昇を期待できる殺し系スキルで固めることだろう。

敵の攻撃を回避しつつ「おっちょこちょい」で確実に守備を下げる。

そのような運用がベストだろう。

ゾフィーのおすすめ母親候補1:リンカ

rinka

クラス素質:【ソシアルナイト】【マーシナリー】【鬼人】
上限値:力+1 魔力+1 技+1 速さ+2 守備+3
おすすめスキル構成案:剣殺し・槍殺し・斧殺し・暗器殺し・魔殺し

殺し系スキルを5つ揃えることができる母親候補はリンカ、カミラ、ベルカ、ニュクスの4人。

リンカから遺伝する【鬼人】のクラスは「槍殺し」のスキルを覚え、ゾフィーが元々持っている【マーシナリー】のクラスからが「斧殺し」と「暗器殺し」を覚えることができる。

それに加えてサイラスジョーカー支援A+にすることで「魔殺し」を覚えることができ、最後に透魔ルート限定になるがゾフィールッツと結婚させれば「剣殺し」を覚えることができるので、殺し系スキルが5つ揃うというわけだ。

残念ながら白夜ルートでは5つ揃えることはできないが、空いたスペースには「聖盾」や「魔防封じ」などを入れよう。

ゾフィーのおすすめ母親候補2:ニュクス

nycs

クラス素質:【ソシアルナイト】【マーシナリー】【ダークマージ】
上限値:力+2 魔力+4 技+1 速さ+3 幸運-1 守備-1 魔防+1
おすすめスキル構成案:槍殺し・斧殺し・弓殺し・暗器殺し・魔殺し

殺し系スキルを揃える関係上、暗夜ルート側ではカミラ、ベルカ、ニュクスの3人となるが、その中でもニュクスを選ぶことでゾフィーを魔法職として運用させることができる。

魔法職は得てして防御面が弱いので、それをサポートする意味でも殺し系スキルはおすすめとなる。

ただし「槍殺し」はシノノメと、「剣殺し」はルッツと結婚させることで覚えることができないのでここはより求める方を選択しよう。

ゾフィーのおすすめ母親候補3:オボロ

oboro

クラス素質:【ソシアルナイト】【マーシナリー】【槍術士】
上限値:力+3 技+4 速さ+2 幸運-1 守備+2 魔防-1
おすすめスキル構成案:槍の達人・月光・破天・聖盾・傾奇者

殺し系スキルを揃える以外でおすすめな母親となるのがオボロだ。

オボロの場合、遺伝する【槍術士】のクラスからは「速さ封じ」「守備封じ」「槍の達人」「破天」「傾奇者」といった優秀なスキルを覚えることができる。

「速さ封じ」は封じ系スキルの中でも最重要なもので、元々【ソシアルナイト】のクラスを持っているゾフィーには「槍の達人」とも相性がいい。

なのでオボロを母親とするのも十分有効だろう。

余談:ゾフィーの愛馬アヴェルについて

たまに会話内に出てくるゾフィーの愛馬であるアヴェル

この名前は『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』の登場人物アベルに由来する。

アベルもまた【ソシアルナイト】として登場し、ライバルのカインと共に主人公であるマルスを支えた。

ちなみにさらに元ネタをたどると旧約聖書「カインとアベル」まで及ぶ。

ウィキペディアにも専用ページがあるほど有名な神話なので、気になる方がいれば一度検索してみよう!

スポンサードリンク

他のカップリング考察記事はこちら

最初に読んでおくべき共通記事

白夜暗夜共通子世代

白夜子世代

暗夜子世代

また「ファイアーエムブレムif 記事まとめ」にその他関連記事がございますので、よろしければこちらも合わせてお読みください。

-ファイアーエムブレムif
-, ,