ポケモンORAS レーティングバトルで過去作解禁 零度スイクンや噴火ドランの脅威

2016/11/17

今や世界的に有名な育成RPGである『ポケットモンスター』

ネット社会の普及により、家にいながらでも世界中の人たちと対戦することができるようになり、対戦ツールとしても一定の人気を本作だが、2015年9月15日から始まるレーティングバトルシーズン12から過去作で育成したポケモンの使用が解禁される。

改造対策ということで過去作との互換切りがなされたわけだが、発売から10ヶ月でこうして解禁されるとは夢にも思わなかった。

もしかすればこれは新作の発売の目処が立ったとも予想できる。

とはいえそのような情報は一切ないので、今回は過去作解禁と共に使用できるようになった強力なポケモンの数々を紹介したい。

スポンサードリンク

30%の確率で敵を倒す零度スイクン

Suicune
画像引用元:ポケモングローバルリンク

努力値案1:252-0-252-0-4-0
努力値案2:244-0-156-84-4-12

互換切りがが復活することとなって今まで使用することができなかった数々のポケモンが解禁することになるわけだが、その中で最も脅威となってくるのが零度スイクンだろう。

これは「ぜったいれいど」という技を覚えたスイクンのことで、日本では2010年に劇場公開された映画『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク』の前売り券での特典として配布された。

「ぜったいれいど」という技は30%という命中率が非常に少ない技だが、当たりさえすれば敵を一撃で倒せるという技だ。

とはいえ「ぜったいれいど」がなくともスイクンは非常に強力なポケモンで現在でも一定の個体が対戦でも使用されている。

そんなスイクンがこの技を持てば正に鬼に金棒というわけだ。

唯一の救いはこの時、配布されたスイクンの性格が「のんき」固定であり、これによって素早さの能力値が他の性格のものより下げられているということだろう。

とはいえこの時に配布されたスイクン「ぜったいれいど」と同時に「しんそく」という先制技も覚えている。

配布限定だからこその大盤振る舞いであるが、それにしては聊か強すぎると思うのは筆者だけではないはずだ。

ダブルやトリプルで猛威を振るう噴火ドラン

heatran

努力値案1:252-0-4-252-0-0
努力値案2:228-0-28-244-0-0

シングルバトルではあまり活用法は見いだせないが、ダブルバトルトリプルバトルでこそ輝くのが噴火ドランだ。

噴火ドランとは「ふんか」の技を覚えたヒードランのことで、零度スイクンの時と同じく期間限定でしか手に入れることができない個体だ。

より具体的に説明するとポケモンシリーズのスピンオフ『ポケモンレンジャー光の軌跡』における追加ダウンロードミッション「なぞのふんかをちょうさせよ!」をクリアすることで入手することができる。

「ふんか」という技は自身のHPの残量が残っているほど威力が増す技で、
シングルバトルだと少し威力の大きい通常攻撃にしかなりえないが、ダブルバトルトリプルバトルでは全体攻撃となり、先制攻撃をすることができれば、敵全てに大ダメージを与えることができる。

筆者はダブルバトルトリプルバトルには疎いので詳しいことはわからないが、配布当時は中古の『ポケモンレンジャー光の軌跡』を購入し、ヒードランが未送信のROMを探す「ドランくじ」というものがプレイヤーの間で行われたほどだという。

何にしても、強力な個体であることには違いないだろう。

投げガルーラ

Kangaskhan

努力値案1:164-0-0-92-0-252
努力値案2:132-100-20-0-4-252

ポケモン第六世代において最も強力なポケモンとしての呼び声が高いのがガルーラだ。

メガ進化することにより、特性「おやこあい」を獲得し、1度に2回攻撃を行えるという性能は目覚ましく、シングルにおける使用ポケモンランキングでは常に1位に席巻しているほどだ。

そんなガルーラは過去作では「ちきゅうなげ」を覚えさせることができる。

「ちきゅうなげ」は自分のレベル分、相手にダメージを与える技で仕様上、50の固定ダメージを与える技なのだが、メガガルーラが使用すると50×2となり100ダメージとなる。

メガガルーラの場合は、通常個体が強いのであまりお目にかかる機会はないだろうが、これからはこの投げガルーラの存在も頭の片隅に入れておかなければならず、より注意を払う必要が出てくるというわけだ。

その他使用可能ポケモン

要注意対象を上に3体ほど記載したわけだが、それ以外にも多くの使用不可能だった技構成のポケモンが解禁する。

  • 金属音サンダー
  • 神速エンテイ
  • 神速&波動弾ライコウ
  • 神速マッスグマ
  • 願い事ラッキー
  • 不意打ちブラッキー
  • カウンターバンギ
  • ※追記:神速マッスグマは「ジャンプフェスタ2015」で配信されてたとのこと。情報提供ありがとうございます。

とりあえずパッと思いつく限りを記載してみたが、今まで使用することができなかったポケモンを使用することができるようになる今後のレート環境は激変すると予想される。

だがそれ以上に過去に育成し、今まで使えなかった多くのポケモンが使用することができるのも事実であり、育成する時間を取れないユーザーにとっては何よりの朗報だろう。

これを機会に久しぶりポケモン対戦をやってみるのも良いかもしれない。

スポンサードリンク

余談:シーズン12のスペシャルバトル

ちなみに過去作解禁を喜ばないプレイヤーもいるだろう。

そういった人のためにシーズン12におけるスペシャルバトルでは、過去作で育成したポケモンの使用が禁止となっている。

それ以外には特別なルールはないので、過去作を未プレイのプレイヤーはこちらで対戦を楽しむのがいいだろう。

-ポケットモンスター
-, ,