【FEif】カップリング&スキル考察 シノノメ 大義を持つ次期白夜王

2017/03/06

『ファイアーエムブレムif』における結婚システム。

同性間の職業にクラスチェンジできる「バディプルフ」

異性間の職業にクラスチェンジできる「マリッジプルフ」

さらに結婚相手との間には子供が生まれ、外伝をクリアすることによって仲間として運用することができるようになります。

ではどのようなカップリングにすればより強いユニットを作り出すことができるのか?

そういったコンセプトで筆者のおすすめのカップリング相手とスキル構成例をキャラクターごとに紹介していきたいと思います。

今回は白夜王国第一王子リョウマの息子、シノノメについて紹介。

スポンサードリンク

槍のスペシャリストとして育てる

shinonome

リョウマの息子として生まれるシノノメですが、初期のクラスは【侍】ではなく【槍術士】として登場します。

とはいえ【侍】の素質も持ち、パラレルプルフを用いれば剣を持たせることも可能なのですが、どうしても雷神刀を持つリョウマには劣ってしまいがちです。

なので槍のスペシャリストとして育成するのがいいでしょう。

シノノメのおすすめ母親候補1:カゲロウ

kagero

クラス素質:【槍術士】【侍】【忍】
上限値:力+5 魔力+1 技+2 速さ+1 幸運+2 守備-2
おすすめスキル構成案:槍の達人・傾奇者・待ち伏せ・滅殺・写し身人形

母親候補の中でカゲロウのみ、力の上限値を+5まで上昇させることができます。

スキルに関しては、達人系のスキルを剣・槍・暗器と3種類覚え、これによってパーティーの穴を埋めることができるようになります。

また奥義系スキルも「流星」「破天」「滅殺」と3種類覚え、「傾奇者」と併用することで発生確率を上昇させることができます。

あくまでおすすめスキル構成案は一例とし、パーティーの穴を埋めるスキル構築をすれば十二分に活躍できるでしょう。

シノノメのおすすめ母親候補2:アクア

aqua

クラス素質:【槍術士】【侍】【天馬武者】
上限値:力+2 魔力+1 技+4 速さ+5 幸運+2 守備-4 魔防-1
おすすめスキル:槍の達人・流星・待ち伏せ・清流の一撃・飛燕の一撃

力の上限値こそ+2とカゲロウと比べると低めだが、こちらは技と速さに優れている組み合わせです。

ただしその分、守備の上限値が-4と非常に低く、ちょっとした油断でユニットをロストしてしまうことになります。

なので敵のターンに集中攻撃を受けないような立ち回りが必要でしょう。

しかし自分のターンではかなり優位に戦闘を進めることができるので、運用法を間違えなければ活躍できると思います。

シノノメのおすすめ母親候補3:カミラ

kamira

クラス素質:【槍術士】【侍】【ドラゴンナイト】
上限値:力+3 技+4 速さ+3 魔防-1
おすすめスキル:槍の達人・流星・待ち伏せ・死の吐息・見下す者

インビシブルキングダム限定になりますが、カミラとの組み合わせも良いと思います。

上限値の項を見てもらえればわかると思いますが、シノノメの長所と呼べる面が軒並み上昇するにも関わらず、下降補正がかかるのは魔防のみ。

さらに【ドラゴンナイト】のクラスからは「力+2」「切り込み」「死の吐息」「見下す者」といった攻撃に特化されたスキルの数々を覚えることができます。

最終的に【槍聖】として運用することを考えると、守備の上限値に下降補正がかからないだけでも大きいので、インビシブルキングダムに進んだ場合は積極的に国際結婚させましょう!

余談:シノノメを仲間にするちょっとしたコツ

シノノメの加入する外伝「父の背を追って」は、ストーリー後半に攻略しようとすると、1ターン目で友軍のシノノメが撃破されてしまいます。

友軍状態で撃破されてしまうとカジュアルやフェニックスモードでもシノノメを仲間にすることができません。

そのため早々にシノノメを仲間にする必要があるのですが、普通に進めるだけでは決して間に合わないので、ちょっとしたテクニックを紹介。

  • 「体当たり(鬼神:レベル10)」でリョウマを押し出す。
  • 【聖天馬武者】に七難即滅を持たせてリョウマorシノノメを引き寄せる
  • アクアの歌うでリョウマを再行動させる。

これらを用いることで終章間際でもシノノメを仲間にしやすくなると思うので、是非活用してもらいたい。

ちなみにストーリーが序盤であればシノノメが1ターンで敵にやられてしまうようなことはないので、早めにステージを攻略するのもおすすめです!

スポンサードリンク

他のカップリング考察記事はこちら

最初に読んでおくべき共通記事

白夜暗夜共通子世代

白夜子世代

暗夜子世代

また「ファイアーエムブレムif 記事まとめ」にその他関連記事がございますので、よろしければこちらも合わせてお読みください。

-ファイアーエムブレム
-, ,