【FEif】カップリング&スキル考察 キヌ 獣石の代わりに武器や魔導書を持たせる!

2017/03/12

『ファイアーエムブレムif』における結婚システム。

同性間の職業にクラスチェンジできる「バディプルフ」

異性間の職業にクラスチェンジできる「マリッジプルフ」

さらに結婚相手との間には子供が生まれ、外伝をクリアすることによって仲間として運用することができるようになります。

ではどのようなカップリングにすればより強いユニットを作り出すことができるのか?

そういったコンセプトで筆者のおすすめのカップリング相手とスキル構成例をキャラクターごとに紹介していきたいと思います。

今回は妖狐の族長であるニシキの娘、キヌについて紹介。

スポンサードリンク

獣石で戦うか武器を取るか

kinu

キヌの持つ固有スキル「じゃれつき」はターン開始時に隣接した敵のHPを-5の効果があります。

さらに【妖狐】が覚える「四牙」は戦闘時に敵の最大HPの20%を減らす効果があり、これに【忍】が覚える「蛇毒」、【レヴナントナイト】が覚える「死の吐息」も組み合わせればかなりのダメージ量を見込まれます。

とはいえキヌは守備の面が非常に低く、前線で戦わせるには少々不安が残るので、母親次第では【妖狐】をではなく【弓使い】などの間接攻撃のできるクラスにして、「四牙」「蛇毒」「死の吐息」などで削っていくのが良いでしょう。

ちなみに母親候補の関係上、キヌに【ドラゴンナイト】のクラスを遺伝させることはできませんが、インビシブルキングダムルートならばバディプルフを使うことで「死の吐息」を遺伝させることができます。

「四牙」+「蛇毒」+「死の吐息」は効果が重複する優秀な組み合わせなので、こだわりがなければ覚えさせることをおすすめします。

キヌのおすすめ母親候補1:カゲロウ

kagero

クラス素質:【妖狐】【呪い師】【忍】
上限値:力+5 魔力+1 技-3 速さ+2 幸運+2 守備-2 魔防+4
おすすめスキル構成案:四牙・破天・暗器の達人・蛇毒・写し身人形

とりあえず深く考えることなくおすすめとなってくるのが、【忍】の素質を遺伝させることのできるカゲロウでしょう。

「写し身人形」もそうですが、それ以上に「蛇毒」を受け継がせるという意味合いが大きい。

また「暗器の達人」をスキルにセットすることで【上忍】や【絡繰師】として間接攻撃可能なユニットとして運用することもでき、低めの守備を補うことができます。

もちろん「暗器の達人」「獣特攻」に変えて【九尾の狐】として使うのも良いでしょう。

キヌのおすすめ母親候補2:フェリシア

ferisia

クラス素質:【妖狐】【呪い師】【ロッドナイト】
上限値:魔力+3 技-2 速さ+4 幸運+2 守備-2 魔防+4
おすすめスキル構成案:魔の達人・四牙・破天・戦闘指揮・ご奉仕の喜び

【呪い師】のクラスを最大限に生かすとすれば、フェリシアが最も優れた母親候補となります。

この場合、キヌは【陰陽師】か【ストラテジスト】として運用することになるのですが、攻撃面は「魔の達人」で威力を底上げすることができ、回復面でも「ご奉仕の喜び」で味方を回復すると同時に自分も回復することができます。

数少ない獣系ユニットなので「獣特攻」を無駄にするのは勿体無い気がしますが、やはり守備の面に不安があるキヌを前線に送り出すのは難しいので、十分選択肢になり得るでしょう。

キヌのおすすめ母親候補3:リンカ

rinka

クラス素質:【妖狐】【呪い師】【鬼人】
上限値:力+1 魔力+1 技-4 速さ+4 幸運+2 守備+1 魔防+3
おすすめスキル構成案:獣特攻・四牙・破天・偶然のまどろみ・カウンター

母親候補の中でリンカオボロだけが守備の上限値にマイナス補正を掛けない組み合わせとなります。

それだけでも他の母親候補にはないメリットなのですが、リンカを母親にした場合はそれに加えて「カウンター」のスキルを覚えさせることができます。

「カウンター」があるから前線に出しても安心というわけではないですが、それでも他の母親の場合よりは打たれ強くなっているので、前に出して行くことも可能になるこの組み合わせもおすすめです。

余談:間接攻撃のススメ

キヌの上限値は母親にもよりますが、概ね技と守備が非常に低くそれ以外が軒並み高いという極端なものになっています。

技はともかくとして守備が低い関係上、間接攻撃のできるユニットとして動かすのが良いのですが、ここで軽く間接攻撃のできるクラスについて比較してみました。


  • 基本的に2マス先からの攻撃が可能な力依存の武器。
    しかし武器の種類によっては1-2マス3マス先からの攻撃が可能なものまである。
  • 暗器
    1-2マスの範囲から攻撃が可能な力依存の武器。
    その最大の特徴は攻撃した相手のステータスを下げるところにあり、多少強い相手でも暗器でステータスを下げた後に相手にすると楽に倒せる場合がある。
  • 魔導書
    1-2マスの範囲から攻撃が可能な魔力依存の武器。
    相手の守備ではなく魔防でダメージを計算する関係上、普通の武器では倒せない相手もあっさり倒せる場合がある。

今作では暗器の追加、武器相性の見直しなどもあり、今までの『ファイアーエムブレムシリーズ』以上に武器の選択が重要になってきます。

使い方ひとつで戦局を大きく変えることができるのでいろいろ試してみよう!

スポンサードリンク

他のカップリング考察記事はこちら

最初に読んでおくべき共通記事

白夜暗夜共通子世代

白夜子世代

暗夜子世代

また「ファイアーエムブレムif 記事まとめ」にその他関連記事がございますので、よろしければこちらも合わせてお読みください。

-ファイアーエムブレム
-, ,