心が叫びたがってるんだ。あらすじ紹介 あの花の聖地 埼玉県秩父市を舞台にした新たな物語

2016/11/17

いよいよ今週(2015年9月19日)から劇場公開が開始する『心が叫びたがってるんだ。(通称:ここさけ)』

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(通称:あの花)』のスタッフが再集結して制作された本作は、再び感動の嵐を巻き起こしてくれることは間違いないだろう。

今回は公開前に『心が叫びたがってるんだ。』の前情報をサラッとおさらいして劇場公開に備えたいと思う。

スポンサードリンク

心に秘められた思いを歌にする

とりあえずは何をおいても重要なあらすじを紹介します。

『心が叫びたがってるんだ。』あらすじ

幼い頃、何気なく発した言葉によって、
家族がバラバラになってしまった少女・成瀬順。

そして突然現れた玉子の妖精に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印され、言葉を発するとお腹が痛くなるという呪いをかけられる。それ以来トラウマを抱え、心も閉ざし、唯一のコミュニケーション手段は、携帯メールのみとなってしまった。
高校2年生になったはある日、担任から「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命される。一緒に任命されたのは、全く接点のない3人のクラスメイト。本音を言わない、やる気のない少年・坂上拓実、甲子園を期待されながらヒジの故障で挫折した元エース・田崎大樹、恋に悩むチアリーダー部の優等生・仁藤菜月。彼らもそれぞれ心に傷を持っていた。

担任の思惑によって、交流会の出し物はミュージカルに決定するが、クラスの誰も乗り気ではない様子。
しかし拓実だけは、「もしかして歌いたかったりする?」の気持ちに気づいていたが、は言い出せずにいた。そして、だんまり女にミュージカルなんて出来るはずがないと、揉める仲間たち。自分のせいで揉めてしまう姿を見ては思わず「わたしは歌うよ!」と声に出していた。

そして、発表会当日、心に閉じ込めた“伝えたかった本当の気持ち”を歌うと決めたはずのだったが…。

あらすじを見る限り、『あの花』とは違い学園を舞台にした群像劇のような感じになっているようです。

それとこれは私事なのですが、筆者が高校時代のクラスメイトに正に順のようなしゃべらない人物がいました。

その人の場合はまた違った理由でしゃべらなくなったのですが、実際にそういった人物を見たことのある身としては非常にシリアスなストーリーなのだと思わずにはいられないでしょう。

ちなみにその人は本当はマシンガンのように話す人間だったと卒業間際に知りました(笑)

舞台は『あの花』と同じ埼玉県秩父市

青春活劇ものでありあの花スタッフ再集結という謳い文句で話題になっている『ここさけ』

そんな『ここさけ』『あの花』と同じく埼玉県秩父市を舞台にした物語なのだという。

『あの花』の影響によって秩父市の町興しは成功し、毎年のように関連イベントが行われるほどになっています。

劇場公開後はおそらく『ここさけ』もそのイベントに加わり、もしかすれば今後も秩父市を舞台にした青春群像劇が制作され続けるのかもしれませんね!

……それにしても幽霊の次は妖精秩父市というのはずいぶんとファンタジーに溢れている土地なんだなと思わずにはいられませんね(笑)

あの花との数々のコラボ企画

anosake画像引用元:あの日見た花の名前を心が叫びたがってるんだ。 ディザーサイト

また様々な形で『あの花』とのコラボ企画が行われています。

  • 明治×「ここさけ」&「あの花」レシート応募キャンペーン
    明治の関連商品を買うことで『ここさけ』『あの花』の2作品の世界観満載のイラスト集が抽選で1000名に当たるというキャンペーン
    2015年10月16日まで応募できるので、対象商品を買ったら是非応募しよう!
  • あの日見た花の名前を心が叫びたがってるんだ。
    2015年9月30日まで東京お台場夢大陸にて『ここさけ』と『あの花』のコラボレーションイベントが開催。
    『あの花』の実物大秘密基地や原画の展示などここでしか見られないものが盛り沢山。
    東京近郊に住んでいる人は劇場公開後、『ここさけ』を視聴した後に遊びに行くのもいいだろう。
  • カラオケ本舗まねきねこにて『ここさけ』『あの花』のコラボレーションドリンクとコースターが販売
    2015年9月15日~10月31日までカラオケ本舗まねきねこ『ここさけ』『あの花』をイメージしたドリンクとオリジナルコースターを販売中。
    また課題曲を歌い一定上の点数を取ることでまた別のオリジナルコースターをゲットすることができる。
    歌に自信のある人はカラオケ本舗まねきねこに急ごう!
  • 今回はコラボ企画のみ紹介したが、それ以外にも『ここさけ』単独の企画やイベントが行われています。

    おそらくは劇場公開後から始まるようなものもあると思うので、今後もチェックを怠らないようにしよう。

    キャストは若手声優中心、主題歌は乃木坂46

    『ここさけ』のメインキャストを演じるのは今が旬な若手声優が中心の起用となっています。

    主人公の成瀬順役水瀬いのりさん。

    交流会実行委員の3人はそれぞれ坂上拓実役内山昴輝さん仁藤菜月役雨宮天さん田崎大樹役細谷佳正さんとなっている。

    さらに物語を彩る端役として順たちの担任である城嶋一喜役藤原啓治さん、順の母親である成瀬泉役吉田羊さんが演じる。

    このうち吉田羊さんのみ本業は女優であり、声優初挑戦なのだという。

    それと順にしゃべれなくなる呪いを与える玉子の妖精役坂上拓実役内山昴輝さんが1人2役という形で演じます。

    予告を見る限り、順が声を失うきっかけになるキャラと声を取り戻すきっかけになるキャラの両方を演じるということで、その演技の違いにも注目したいところです。

    また主題歌を担当するのはアイドルグループの乃木坂46。

    主題歌の『今、話したい誰かがいる』はタイトルを見る限り、今作の主題歌のために書き下ろされたのではないかと思います。

    スポンサードリンク

    順が心に秘めた本当の思いとは!?

    kokosake

    何にしてもいよいよ今週から上映が始まる『心が叫びたがってるんだ。』

    アニメファンはもちろん、普段はアニメを見ない層まで虜にしたあの花スタッフが贈る新たな青春群像劇。

    100名限定で行われた完成試写会での評価はとても高く、非常に期待できる作品です。

    一体今度はどれほどの感動を視聴者に与えてくれるのか?

    今から公開が待ち遠しい!

    -映画
    -, , ,