オーバーロード Web版と書籍版(アニメ版)を簡単に比較してみた!

2016/11/17

2015年夏アニメとして放映された『オーバーロード』

「2015年夏アニメのダークホース」と評された本作は関係各所の評価を裏切る形で視聴者に評価され、先日発売されたBD1巻もamazonアニメ売り上げランキングが1位になるなど人気を博している。

そのため今から2期を望むファンの声が多い『オーバーロード』だが元はWeb小説発祥ということを皆さまは知っているだろうか?

さらに『ソード・アート・オンライン』『ログ・ホライズン』といったWeb小説発祥の他の作品とは違い、書籍化後もWeb版と並行して物語を展開し、違ったストーリーが描かれているというのだ!

今回はそんな『オーバーロード』におけるWeb版と書籍版(アニメ版)の違いを大まかにまとめてみた!

スポンサードリンク

アルベド・マーレが登場しない!

albedo
画像引用元:TVアニメ「オーバーロード」オフィシャルサイト

アニメを見て興味を持ち、Web版の存在を知って読んでみた人にとって一番驚きが大きい部分がここだろう。

メインキャラクターとして登場する守護者筆頭のアルベド、また第6階層守護者のマーレがWeb版には登場しないのだ!

これによって物語冒頭のハラスメントチェックをアインズアルベドではなくモブのメイドで行っており、またナザリックは隠蔽工作されることなく剥き出しになっている。

他にもルプスレギナエントマなど名前こそ同名だが見た目や性格などが大きく違うキャラクターが多数おり、その影響もあってか大筋のストーリーは同じでも細かい部分に様々な差異が存在する。

9巻までの内容は書籍化前に書かれていた内容であることを考えると、相当な加筆があったことが伺えるだろう。

スレイン法国によるガゼフ襲撃なし

nign

物語序盤、カルネ村襲撃事件が起こり、アインズが救い、そこでガゼフと出会うところまでは同じなのだが、その理由が大きく異なる。

書籍版(アニメ版)でこそ厄介なガゼフ暗殺といった物語に絡むものになっているが、Web版はシンプルに夜盗の襲撃となっているのだ。

なので天使との戦闘などは存在しないのだが、その代わりにガゼフデスナイトの模擬戦が行われている。

Web版限定の描写なのでガゼフファンには必見だろう

漆黒の騎士は登場しない

momon

書籍版(アニメ版)では冒険者として町に潜入し情報を集める役目をアインズナーベラルと共に行っているが、Web版ではそれをナーベラルが1人で行っている。

書籍版(アニメ版)を見る限り、ナーベラルだけではとても潜入任務などこなせないのではないかと思いがちだが、Web版でのナーベラルの性格はあそこまで苛烈なものではなくもう少しマイルドなものとなっている。

これは他のキャラクターにも言えることなのだが、全体的にWeb版と書籍版(アニメ版)の性格を比べると本質は同じだが、書籍化に際してより際立った性格に変わったように思う。

またナーベラルが1人で冒険者をやっている関係上ハムスケも登場せず、さらに言えばンフィーレアも存在しないのでクレマンティーヌとの遭遇もなく、漆黒の剣(Web版では旋風の斧)のメンバーは生存する。

ただしカジットについてはナーベラルが冒険者の昇格試験を受けた際に遭遇し、書籍版(アニメ版)通りの展開で戦闘が行われ死亡する。

またクレマンティーヌについても決して登場しないわけではなく、別の形できちんと登場している。

クレマンティーヌの役どころの違い

clemanteen

書籍版(アニメ版)とWeb版で大きく立ち位置が違うのがクレマンティーヌだ。

アニメ版のみの視聴者にとってはかなり先の話になってしまうが、Web版のクレマンティーヌはバハルス帝国のある宗教団体の幹部として登場する。

とはいえ性格そのものに大きな違いはなく、例によってアインズの怒りを買ってしまう。

アインズクレマンティーヌの前で2トンはあるであろう石の椅子を片手で持ち上げ、壁に目掛けて投げてつけて破壊。

その光景を前にクレマンティーヌの反抗心は完全に崩壊し、自ら壊れた椅子の代わりになることを進言する。

結局、椅子になることはなく、戦おうとしなかったため命を失うこともなかったが、書籍版(アニメ版)と違った意味でおいしい役どころであるのは間違いないだろう。

シャルティアの精神支配はなし

shalltear

アニメ版では最終回を飾ったシャルティアとの決戦だが、Web版ではそもそも戦闘どころか洗脳すらされない。

また書籍版(アニメ版)ではシャルティアからまんまと逃げ伸びた「爪切り」ことブレインだが、Web版では逃げることはできず、そのまま下僕のヴァンパイアにされてしまう。

とはいえ結果的に強くなったことには間違いなく、精神支配を受けているとはいえ本人は満足している様子である。

スポンサードリンク

徐々に差異が激しくなるオーバーロード

とりあえずアニメ版で描かれた3巻までの内容を中心にWeb版との違いを書いてみましたがいかがだったでしょうか?

最初の方こそ細かい違いしかありませんでしたが、巻数がかさむに連れ違いはより大きなものとなり、最新9巻では生存キャラにも何人かの違いが出てきました。

需要があればこれ以降の違いも紹介してみたいと思いますが、これを機にWeb版を読んでみるのもいいのではないでしょうか?

-小説
-,