ポケモンORAS ウルガモスの調整・型紹介 身代わり貫通の蝶舞さざめき!

2016/11/17

ポケモンにおけるレーティングバトル。

世界中の人々とWi-fiを通じて戦いあうことのできるそれに没頭するポケモントレーナーは後を絶たない。

2015年9月15日から開催された『ポケモンORAS』のシーズン12では過去作で育成したポケモンが解禁され、より白熱したバトルが行われてるようになった。

筆者も育成する時間が取れなかった関係上、今まではあまりやれていなかったのですが、これを機会にと再開してみたのですが、ブランクが長かったせいでポケモンの種族値や型などを忘れてしまっていたのです!

おそらくそういう人は多いと思いますので、自分用のメモも兼ねてポケモンごとに代表的な調整例を考察していきたいと思います。

今回は「蝶舞さざめき」で有名なウルガモスについて紹介したい。

スポンサードリンク

身代わりを貫通する強み

Volcarona
画像引用元:ポケモングローバルリンク(2015/09/23 09:00JST更新)

種族値:85-60-65-135-105-100(550)
タイプ:炎・虫
特性:炎の身体・虫の知らせ

ウルガモスは第五世代『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』から登場するポケモンだ。

最初にプレイした時は固定シンボルとして出現したこともあり、伝説のポケモンの1体と勘違いしたことをよく覚えています(笑)

実際のところは卵を作って厳選することが可能であり、進化前のメラルバウルガモスより攻撃の種族値が高いこともあり、全く別の運用法が考えられる。

また炎・虫という混合タイプは第六世代現在はメラルバ・ウルガモスしかおらず、致命的な弱点はあるものの固有タイプである強みもある。

そんなウルガモスの弱点は「ステルスロック」

場に撒かれるだけでHPの半分が削られることになるので、「ステルスロック」を使いそうな相手にはなるべく選出しないことを強いられます。

またBの種族値が低いため、「疾風の翼」を持つファイアロー「アクアジェット」を始めとした物理先制技にも弱い。

とはいえ一度「蝶の舞」を積んでからの制圧力は凄まじく、「虫のさざめき」が「身代わり」を貫通することを考えるとエースとして運用するのに非常に適している。

それ以外には高い特殊耐久を生かした特殊受けやそんな相手の心理を逆手に取り、交代読みで「鬼火」を撃つ物理受けといった型も存在する。

一概にアタッカーと決めてかかれないところもウルガモスの魅力の一つだろう。

ウルガモスの型考察

ウルガモスの調整案1:蝶舞型

調整案1:4-x-0-252-0-252(控えめ)
調整案2:4-x-0-252-0-252(臆病)
必須技:蝶の舞
優先度の高い技:虫のさざめき・大文字or火炎放射or炎の舞
その他の技候補:目覚めるパワー・サイコキネシス・暴風・ギガドレイン・身代わり など
主な持ち物:命の玉・ラムの実・きあいのタスキ など

CDSを同時に上げる「蝶の舞」を積むことで圧倒的な制圧力を得ることのできるウルガモスの基本型。

一度舞ってしまえばほとんどのポケモンの素早さを抜き、Cの種族値135から繰り出される高火力の技によって相手を倒すことが容易に可能。

上述通り、物理先制技「疾風の翼」にこそ弱いが、選出する場面を選べば圧倒的な制圧力で敵を倒すことができるだろう。

ウルガモスの調整案2:こだわり型

調整案1:244-x-4-252-4-4(ひかえめ)
調整案2:4-x-112-244-0-148(ひかえめ)
優先度の高い技:虫のさざめき・オーバーヒートor大文字or火炎放射or炎の舞
その他の技候補:目覚めるパワー・サイコキネシス・暴風・ギガドレイン・寝言 など
主な持ち物:こだわり眼鏡・こだわりスカーフ など

「蝶の舞」によってステータス上昇を狙うのではなく、こだわり系のアイテムを持たせて初手から負担をかけていく型。

「蝶舞型」に比べて汎用性は劣るが、確実に相手に負担を掛けることができ、眼鏡を持たせれば中程度の耐久のポケモンを眼鏡オーバーヒートで一気に焼き尽くすことができる。

とはいえこだわりアイテムを持たせる関係上、交代が多くなりがちで「ステルスロック」を撒かれた場合は非常に使いにくいものとなってしまう。

なので相手のパーティを見て「ステルスロック」持ちがいるかどうかをきちんと見極めるのも重要だろう。

ウルガモスの調整案3:特殊受け型

調整案1:196-x-0-0-252-60(穏やか)
調整案2:228-x-0-0-68-204(穏やか)
必須技:蝶の舞
優先度の高い技:虫のさざめき・大文字or火炎放射or炎の舞・羽休めor眠る
その他の技候補:目覚めるパワー・サイコキネシス・暴風・ギガドレイン・身代わり・寝言 など
主な持ち物:ラムの実・カゴの実・オボンの実・食べ残し など

特殊耐久が高いことを生かして特殊受けをこなしながら「蝶の舞」を積んでいく型。

上記の「蝶舞型」との違いを上げるとすれば、こちらは本格的な攻勢に転ずる前に「蝶の舞」を最低2回は積む必要があるということだ。

そのため回復技は必須であり、また物理耐久が低いこともあるので苦手な相手は多い。

それでも特殊相手にはめっぽう強いのでウルガモスの苦手なポケモンを先に倒してしまえば独壇場になるのは間違いないだろう。

ウルガモスの調整案4:物理受け型

調整案1:244-x-252-4-4-4(図太い)
調整案2:196-x-252-0-0-60(図太い)
必須技:蝶の舞・鬼火・羽休めor眠る
優先度の高い技:虫のさざめき・大文字or火炎放射or炎の舞
主な持ち物:ゴツゴツメット・たべのこし・オボンの実・カゴの実 など

ウルガモスの物理耐久が低いことを利用して特殊に繰り出し、物理に交代することを見越して「鬼火」を撃つという型。

ウルガモスはどうしても「蝶舞型」のイメージがあるため「鬼火」が飛んでくることを想像する人は少なく、意表が付ける。

とはいえBに努力値を振ったとしても、並みの耐久にしかならないので、物理アタッカーに「鬼火」を確実に当てるプレイングスキルが必要になる。

どちらかといえば上級者向けの型と言えるだろう。

余談:目覚めるパワーのタイプについて

ウルガモスはサブウエポンのタイプの関係上、必然的に「目覚めるパワー」が最後の攻撃技として入ってくることが多い。

とはいえ覚えさせることのできる「目覚めるパワー」のタイプは1つ。

なのでタイプごとに撃つ相手をまとめてみた!

  • 岩:炎タイプ全般
    特に交代読みでファイアローにあてることができればその試合は勝ったも同然だろう
  • 地面:炎タイプ全般
    特にヒードランに対して絶大な威力を誇る。
  • 氷:ガブリアスやボーマンダなど4倍弱点のドラゴンタイプ
    撃つ前に「蝶の舞」を積めればスカーフでもない限りは先制で攻撃することができ、確実に葬ることが可能
  • 電気:「虫のさざめき」が通らない水タイプ
    特にギャラドスには大ダメージを与えることができる
  • 水:炎タイプ全般
    炎タイプなら撃つ相手を選ばないがその分ダメージ量は見込めないので岩や地面に比べると優先度は低い

他にもタイプはあるが、ウルガモスには持たせる必要はあまり感じられないので除外した。

筆者的におすすめは地面だが環境次第で「目覚めるパワー」のタイプは変更するべきなので、その辺を留意してほしい。

スポンサードリンク

他のポケモンの考察記事

主にシングルレート用の調整

禁止伝説級の調整

考察記事に関しては順次増やしていく予定ですのでよろしくお願いします。

また優先して書いてほしいポケモンがいれば、コメントいただければ先に考えてみようと思いますので、遠慮なくコメントください。

-ポケットモンスター
-, ,