【FEif】カップリング&スキル考察 フォレオ 魔法を駆使する男の娘

2016/11/17

『ファイアーエムブレムif』における結婚システム。

同性間の職業にクラスチェンジできる「バディプルフ」

異性間の職業にクラスチェンジできる「マリッジプルフ」

さらに結婚相手との間には子供が生まれ、外伝をクリアすることによって仲間として運用することができるようになる。

ではどのようなカップリングにすればより強いユニットを作り出すことができるのか?

そういったコンセプトで筆者のおすすめのカップリング相手とスキル構成例をキャラクターごとに紹介していきたいと思う。

今回は暗夜王国第二王子であるレオンの娘……じゃなかった息子のフォレオについて紹介します。

スポンサードリンク

魔力を伸ばすか、武器を殺すか

foleo

フォレオカンナを除いたすべての子世代の中で最大の魔力と魔防の上限値を持つ。

そのため必然的に魔法系ユニットとして運用していくことになるわけだが、残念なことに暗夜ルートでは必須スキルともいうべき「魔の達人」を覚えさせることができない。

インビシブルキングダムルートに進めば覚えさせることもできるが、それにしたって条件が限られている。

だが実はフォレオには隠されたもう一つの運用法がある。

それは殺し系スキルを5つ揃え敵の攻撃を回避し、固有スキル「だまし討ち」でダメージを上乗せするという運用法だ。

固有スキル「だまし討ち」男ユニットに攻撃された時、敵に与えるダメージ+2というもので、敵のユニットの多くが男ユニットである関係上、発動機会は多い。

とはいえフォレオ自身の守備は魔法系のクラスで動かすこともあり低くなりがちだ。

そういった低い守備を殺し系スキルを揃えることで補うことができる。

こちらに関しては暗夜王国ルートでも揃えることが可能なので、是非試してみてほしい。

フォレオのおすすめ母親候補1:ニュクス

nycs

クラス素質:【ロッドナイト】【ダークマージ】【シーフ】
上限値:力-1 魔力+6 技-1 速さ+1 守備-1 魔防+4
おすすめスキル構成案:復讐・生命吸収・戦闘指揮・ご奉仕の喜び・移動+1

まず真っ先におすすめとなるのが魔力の上限値が最大となるニュクスだろう。

これだけ魔力の上限値が上乗せされれば、圧倒的な火力で敵を倒すことも可能なのだが、その分スキル面に不安を覚える。

ニュクスから受け継ぐことになる【シーフ】のクラスは「移動+1」「すり抜け」といった単体としてみれば優秀なスキルはあるものの、フォレオとの相性は良いとは言えない。

なのでバディプルフマリッジプルフを用いて他のキャラクターからスキルをもらっていくべきだろう。

フォレオのおすすめ母親候補2:ピエリ

pieri

クラス素質:【ロッドナイト】【ダークマージ】【ソシアルナイト】
上限値:魔力+3 幸運+1 守備-1 魔防+5
おすすめスキル構成案:生命吸収・戦闘指揮・月光・聖盾・金剛の一撃

続いて紹介するのは魔防の上限値が最大となるピエリだ。

最大となる母親候補こそピエリ以外にもヒノカがいるのだが、ピエリから受け継ぐ【ソシアルナイト】のクラスが覚えるスキルはフォレオと非常に相性が良い。

足りない火力を補う意味での「月光」、不意の間接攻撃を受けた際のダメージ軽減に役立つ「聖盾」、自ら攻める時に物理ダメージを減らす「金剛の一撃」など魔法系ユニットのフォレオには役立つものばかり。

それ以外にも「守り手」でステータスを底上げしたり、「救出」することで味方の緊急回避先になることもできる。

決して魔力が低くなるわけではないので、こちらの組み合わせもおすすめしたい。

フォレオのおすすめ母親候補3:ルーナ

runa

クラス素質:【ロッドナイト】【ダークマージ】【マーシナリー】
上限値:力-2 魔力+3 速さ+1 幸運+1 守備+2 魔防+3
おすすめスキル構成案:魔殺し・弓殺し・剣殺し・斧殺し・暗器殺し

ここまで魔力の上限値が最大となるニュクス、魔防の上限値が最大となるピエリと紹介してきたわけだが、それに対してルーナはどちらかといえばバランスを重視した上限値の伸び方をしている。

それだけならばおすすめするほどではないのだが、ルーナを母親すればフォレオに殺し系スキルを揃えることができ、「魔の達人」のない暗夜王国ルートでは最も優れた組み合わせとも言うべきものに昇華される。

手順としても非常に簡単で、まずルーナカミラベルカ支援A+にして「剣殺し」のスキルを覚えさせる。

その「剣殺し」フォレオに遺伝させ、後は順次「魔殺し」「弓殺し」「斧殺し」「暗器殺し」と覚えさせていくだけだ。

「剣殺し」を遺伝させる作業こそ手間はかかるものの、それさえやってしまえばフォレオのレベルを上げるだけで殺し系スキルを揃えることができるので、これほどおいしい組み合わせはない。

固有スキル「だまし討ち」との相性も良いので、暗夜王国ルートでは積極的にこの組み合わせを狙っていこう。

余談:魔の達人の取得について

フォレオは必然的に魔法系ユニットとして運用すべきキャラクターなのだが、魔法系ユニットにとって必須とも言うべきスキル「魔の達人」暗夜王国ルートでは覚えることはできない。

だがそれは暗夜王国ルートだけの話。

インビシブルキングダムルートに進めば容易に覚えることができ、フォレオの持ち味である魔力をさらに強化させることができる。

覚えさせ方としては以下の3通りがあるので、レオンの結婚相手に合わせて臨機応変に対応してほしい。

  • レオンサクラを結婚させる。
  • ニュクスオロチ支援A+にしてバディプルフを使った後にレオンと結婚させ遺伝させる。
  • フォレオキヌシャラと結婚させてマリッジプルフを使う。

また「魔の達人」を覚えたフォレオサポーター名鑑に登録してしまえば、暗夜王国ルートでも「魔の達人」を覚えさせることができる。

「魔の達人」を覚えたフォレオの魔法攻撃は並みの魔防では受けきることはできないので、敵を殲滅するにも一役買うのは間違いなしだ。

是非一度は試してみてほしい!

スポンサードリンク

他のカップリング考察記事はこちら

最初に読んでおくべき共通記事

白夜暗夜共通子世代

白夜子世代

暗夜子世代

また「ファイアーエムブレムif 記事まとめ」にその他関連記事がございますので、よろしければこちらも合わせてお読みください。

-ファイアーエムブレムif
-, , ,