ファイアーエムブレムif 恐怖の霊山 肝試しから見る意外な一面

2017/02/06

覚醒との邂逅楽園争奪戦と同日に配信されたダウンロードコンテンツ恐怖の霊山

少し間が空いてしまいましたが、こちらも紹介したいと思います。

例によってネタバレ注意です。

スポンサードリンク

怪物相手に肝試し

MlWA772em6EbD6917R

■ストーリーライン
敵との戦いに備え、より強くなろうとしたカムイ(マイユニット)たち。
そんな折、異界の霊山での肝試しが提案される。
果たしてカムイたちは霊山に住む怪物に打ち勝ち、強さを手に入れることができるのか?

経験値を稼ぐことが目的となるマップなので、ストーリーの方を求めている人は少ないと思うのですが、今回はキャラクターの戦闘時の会話が面白い!

肝試しということでキャラクターたちの意外な一面を見ることができ、本来の目的とは違った意味ですごく楽しめたマップだった。

とりあえず一部を紹介していくと、強面のブノワさんが本気で叫んだり、
MlWA772e00gcwqjJ1F
サクラが意外にも冷静だったり、
MlWA772e3NYHTjU_D4
マークス兄さんが幼い頃の思い出を語ったり、
MlWA772fEM8CdlD3-F
それ以外にも面白い台詞がたくさんあり、すごく楽しめました。

マミーの楽園の悲劇

とはいえ今回、この経験値マップを購入することに少しばかり抵抗があった。

それは前作、ファイアーエムブレム覚醒の時の経験値稼ぎマップ「マミーの楽園」が原因だ。

覚醒は元々フリーマップ方式ではあったため、戦闘は自由に何度も行うことができる。

そのため経験値稼ぎマップというからには、さぞかし効率的に稼げるのだろうと非常に期待されていた。

だがその実体は敵軍が自軍を無視してただひたすら逃げ続けるだけというものだった!

しかもその強さは区々で、低レベルのユニットではダメージを与えられないような敵もいる始末。

それ故に上手くやらなければ敵の半数ほどは逃がしてしまうことになり、「金稼ぎマップで一緒に経験値を稼いだ方が効率的」「経験値稼ぎマップではなくストレス稼ぎマップ」など不名誉な称号を与えられていた。

反省点を生かして

MlWA772epwwnwsdFeKそうした反省からか、ifの経験値稼ぎマップ「恐怖の霊山」では離脱ポイントが一つしかなくなっている(マップ上の緑点)。

さらにターンごとに増援も出現するので、敵の総数はマミーの楽園の時の2倍以上!

また敵は黄色に色分けされているのだが、それによって逃げる敵襲い掛かってくる敵が一目で見分けることができるようになっている。

稼ぎ安さでいえば格段に向上しているといってもいいだろう!

だがその反面、敵ユニットが強く、普段使っているユニットの経験値稼ぎをすることはできるが、今まで育ててこなかったユニットを育てるには不向きなマップでもある。

とはいえ白夜王国やインビシブルキングダムでは低レベルの遭遇戦を行えば良く、フリーマップのない暗夜王国に至っては多少の不便さはあっても経験値が無限に稼げるというだけで大変ありがたいマップと言えるだろう。

事実、筆者は暗夜王国のルナティックモードで詰まっていたが、この経験値稼ぎマップでレベルを上げたことで先に進むことができた!

誰しもが必要なマップではないかもしれないが、少しでも迷ったのならば決して買っても損はないだろう。

スポンサードリンク

他の追加マップに関する記事はこちら

追加マップ第1弾

追加マップ第2弾

追加マップ第3弾

またそれ以外の記事は「ファイアーエムブレムif 記事まとめ」にございますので、よろしければこちらも合わせてお読みください。

-ファイアーエムブレム
-, , ,