ポケモンORAS 色違いイベルタルのシリアル・調整・型紹介 ダークオーラで強化されたふいうちを使いこなせ!

2016/11/17

2015年10月29日からアニメ『ポケットモンスター』の新シリーズ『ポケットモンスターXY&Z』の放映が開始されました。

それを記念して3週連続で『ポケットモンスターXY』における伝説のポケモンであるゼルネアス、イベルタル色違い個体ジガルデが配信されます。

これらのポケモンはレーティングバトルでは使用することはできませんが、せっかくの色違い配信ということなので調整や型を考えてみようと思います。

今回は第2話の放送と同時に配信されたイベルタルの調整について紹介します。

スポンサードリンク

禁止伝説の中では珍しい悪タイプ

Yveltal_sirial

種族値:126-131-95-131-98-99(660)
タイプ:あく・ひこう
特性:ダークオーラ
シリアルコード:PUNICHAN(2016年1月12日まで)

イベルタル『ポケットモンスターY』に登場する伝説のポケモンです。

フェアリータイプのゼルネアスほどではないですが、あくタイプを有する禁止伝説の数も少なく、イベルタルを除けばダークライときはなたれしフーパしかいません。

あく・ひこうという複合タイプを見れば、他にドンカラス(ヤミカラス)バルジーナがおりますが、そこは禁止伝説ポケモン、種族値の面では比較にならないほど強力です。

また特性の「ダークオーラ」によってあくタイプの技の威力が1.33倍に上昇し、固有技である「デスウイング」は威力こそ80と低めですが与えたダメージの75%回復するという中々にいやらしい効果を持っています。

単純な強みのあるゼルネアスと違い、イベルタルは癖こそ強いですが「ダークオーラ」による火力向上によって攻撃型、「デスウイング」による回復効果を生かした防御型のどちらもこなせ、型が読みにくいというのが最大の強みだと思います。

イベルタルの型考察

y_color

イベルタルの調整案1:物理アタッカー型

調整案1:4-252-0-x-0-252(ようき)
調整案2:252-252-0-x-0-4(いじっぱり)
必須技:ふいうち
優先度の高い技:ゴッドバード・アクロバット
その他の技候補:はたきおとす・いわなだれ・はがねのつばさ・とんぼがえり・みがわり・ちょうはつ・はねやすめ・かなしばりetc
主な持ち物:パワフルハーブ・チイラのみ・カムラのみ・いのちのたま・こだわりはちまき・じゃくてんほけん・とつげきチョッキ・オボンのみ・ラムのみetc

一番シンプルな物理アタッカー型。

特性の「ダークオーラ」を生かすために「ふいうち」は必須として、飛行技を持たせる場合は「パワフルハーブ」を持たせることで飛行物理技の中で最大の火力を誇る「ゴッドバード」を使うことも可能となります。

あるいは「チイラのみ」「カムラのみ」を持たせて「アクロバット」を主軸に使っていくのも有効だです。

ひこう技を採用しないのであれば「ふいうち」の火力を底上げすることのできる「いのちのたま」を持たせるのが無難だと思います。

また「かなしばり」を覚えることに着目して「みがわり」とのコンボを狙うこともでき、一口に物理アタッカーと言っても色々なことができそうです。

プレイヤースキルの試されるポケモンと言えるでしょう。

イベルタルの調整案2:特殊アタッカー型

調整案1:4-x-0-252-0-252(おくびょう)
調整案2:252-x-0-252-0-4(ひかえめ)
優先度の高い技:ぼうふうorデスウイング・あくのはどうorイカサマorふいうち
その他の技候補:きあいだま・ねっぷう・とんぼがえり・みがわり・ちょうはつ・はねやすめ・かなしばりetc
主な持ち物:いのちのたま・こだわりメガネ・じゃくてんほけん・とつげきチョッキ・オボンのみ・ラムのみetc

物理アタッカー型に次いで特殊アタッカー型についても紹介していきます。

物理型の場合はあくタイプをメインに使っていくのですが、特殊型の場合はひこうタイプをメインに使っていくと思います。

雨化では必中する特殊ひこう技「ぼうふう」をメインに据えることで、ゲンシカイオーガを始動要員とする雨パで活躍することができるでしょう。

また場合によってはAにも努力値を振って「ふいうち」を採用しておくのも良いと思います。

イベルタルの調整案3:物理受け型

調整案1:4-x-4-12-244-244(おくびょう)
調整案2:252-x-252-0-0-4(ずぶとい)
優先度の高い技:デスウイング・はねやすめ
その他の技候補:イカサマorバークアウト・みがわり・かなしばり・ちょうはつ・どくどく・でんじはetc
主な持ち物:ゴツゴツメット・たべのこし・オボンのみ・ラムのみ・カムラのみetc

「デスウイング」の回復効果に着目した物理受け型。

種族値の面で見れば受け型よりも攻撃型の方が優れているイベルタルですが、言い換えればAやCに努力値を振らなくとも「デスウイング」がそこそこの火力となるので、無理に「はねやすめ」を採用しないでよいのが最大の強みです。

基本的に「ゴツゴツメット」でダメージを稼ぎつつ、自分は「デスウイング」「はねやすめ」を使って回復していくという伝説らしさのない地味な動かし方となりますが、それでも引っ掻き回す分には優れていると思います。

イベルタルの調整案4:特殊受け型

調整案1:4-x-4-12-244-244(おくびょう)
調整案2:252-x-0-0-252-4(なまいき)
優先度の高い技:デスウイング・はねやすめ
その他の技候補:イカサマorバークアウト・みがわり・かなしばり・ちょうはつ・どくどく・でんじはetc
主な持ち物:たべのこし・オボンのみ・ラムのみ・カムラのみetc

こちらは特殊受け型。

基本的にやることは物理受け型とやることは変わりませんが、禁止伝説戦では特殊高火力技が多いので、こちらの調整の方が需要があるかもしれません。

ちなみに「カムラのみ」を持たせることで麻痺しない限りは先制で「はねやすめ」が安定するようになるという理由からです。

スポンサードリンク

他のポケモンの考察記事

主にシングルレート用の調整

禁止伝説級の調整

考察記事に関しては順次増やていく予定ですのでよろしくお願いします。

また優先して書いてほしいポケモンがいれば、コメントいただければ先に考えてみようと思いますので、遠慮なくコメントください。

-ポケットモンスター
-, , , ,