【FEif】泡沫の記憶編 攻略レビュー 弐:記憶の双剣 もう一人のカンナ

2016/11/17

前回の追加マップが配信されてから約5ヶ月、Nintendo Direct 2016.3.4にて『ファイアーエムブレムif』追加マップ第3弾の配信が発表されました。

発表されたのは以下の4つ。

  • 無料で限定アイテムをもらうことのできる『アンナの贈り物2』
  • 子世代を中心とした全6マップからなる『泡沫の記憶編』
  • 親子の個別会話が楽しめる『絆の白夜祭』
  • 本編での支援会話が存在しなかった組み合わせの会話が楽しめる『絆の暗夜祭』

今回はそのうちの『泡沫の記憶編』の二つ目のシナリオ『弐:記憶の双剣』に焦点を当てて紹介していきます。

当たり前ですががっつりネタバレしていますので、ご注意ください。

また『泡沫の記憶編』は連続シナリオなので、『壱:空蝉描く夢』の攻略レビューを読んでいない方はそちらからお読みになることをおすすめします。

スポンサードリンク

もう一人のカンナ

utakata2_op

■ストーリーライン
それはカンナが「夜刀神・空夜」を手にした頃、同じように秘境を追われた子供たちの姿があった。
東には彷徨える王子とその従者たち。
西には気だるげな執事見習いと暴れ馬に乗った騎士見習い。
そして悲しみから自我を失った嘆きの竜、もう一人の「カンナ」がいた。
子供たちは協力して敵の包囲網からの脱出を図る。

第1章である『壱:空蝉描く夢』が白夜子世代がメインだったのに対し、第2章となる『弐:記憶の双剣』では暗夜子世代がメインとなってきます。

一見すると全くつながっていないストーリーのようですが、章の初めに『壱:空蝉描く夢』のことを触れる記述があることから確かな続き物のストーリーであることが伺えます。

しかしそこで矛盾となるのがもう一人のカンナ。

『壱:空蝉描く夢』で出てきた女カンナとは違い、自我を失い竜となっている男カンナ。

さらにマップクリア後には『弐:記憶の双剣』暗夜王国エンド後の物語であることを匂わせる描写もあり、色々と気になるところです。

まぁ『ファイアーエムブレムif』の世界自体、星界といった異界に繋がっているというのもあるので、別のルートに進んだ世界とつながってしまってもそこまで違和感はないんですよね。

この辺がどう明かされるのか、楽しみにしたいところです。

マップ攻略

一部上級職が混じっていることで難易度が向上

今回のマップは暗夜王国の第25章「白夜王子リョウマ」のもので、勝利条件こそ「全味方の脱出」ですが、扉の解放条件自体は同様の仕様となっております。

味方となるのは男カンナ、フォレオ、オフェリア、エポニーヌ、ディーア、ゾフィーの6人。

kannazofydeeafoleoofliaeponinu

ここで注意しなければならないのは、後衛型ユニットが多いということです。

一番守備の高い男カンナは竜であり、マップの各所にいる「ドラゴンキラー」持ちの攻撃を受けきることはできません。

次に守備が高いのはゾフィーですが、その値は9であり聊か不安が覚えます。

場合によっては【ストラテジスト】とはいえ守備8であるフォレオで壁役をする必要もあるでしょう。

また敵側の上級職としては「雷神刀」持ちの【剣聖】透魔シノノメがおり、彼をどう攻略するかがこのマップの一番の肝となってくるでしょう。

左右中央、どちらから進軍するか

utakata2_map

マップを見るとカンナ、ゾフィー、ディーアの3人が左側におり、フォレオ、オフェリア、エポニーヌの3人は中央寄りに配置されています。

ですがマップ自体は左右中央の3方向から進軍できそうであり、非常に悩ましいところです。

ただ一見すると3方向から進軍できそうではあるのですが、中央上の扉は開くことはありません。

なので中央の敵に関しては動き出すまでは放置でよいでしょう。

そこで左右どちらかから進軍するかなのですが、どちらから進軍しても攻略は可能であり、難しさもそこまで変わらないと思います。

ただやりやすさには個人差があると思いますので、左右に進軍する上でのメリットデメリットを記載させていただきますね。

左側からの進軍のメリットデメリット

  • 味方の合流が容易
  • 早い段階で「七難即滅」を手に入れることができる。
  • 敵の子世代ユニットが透魔グレイの他に、透魔ミドリコと透魔シャラを相手にしなければならない。
  • 扉解放後、右側からすぐに透魔マトイがやってくる。

右側からの進軍のメリットデメリット

  • 敵の子世代ユニットが透魔マトイしかいない。
  • ドラゴンキラー持ちがいないので、カンナの壁役が安定する。
  • 「七難即滅」を手に入れることができるのが透魔マトイ撃破後。
  • 扉解放後、すぐに脱出しなければ左側からやってくる透魔グレイと透魔ミドリコを相手にしなければならない。

ざっとまとめるとこんな感じでしょうか?

この辺は好みの問題かと思いますので、どちらから攻略しても問題ないと思います。

敵を全滅させてもクリア報酬が変わるということはありませんしね。

シノノメ攻略

shinonome

このマップで一番の強敵となる透魔シノノメ。

「雷神刀」持ちの【剣聖】ということで、フォレオ以外下級職の自軍では倒すのが非常に困難な相手です。

それならば無視して進めればいいと思いますが、何ターンか過ぎると透魔シノノメは自軍に向けて突撃してきます。

どんなに早く進軍したとしても、透魔シノノメにいずれ追いつかれてしまうので、ここは先に場を整えて待ち受けるのが良作でしょう。

とりあえず以下に透魔シノノメの攻略法をリストアップしておきます。

  • 透魔シノノメを相手にする際には、事前に周りにいる敵をすべて倒しておく。
  • カンナ以外は攻陣・防陣で命中率を底上げできるので、命中率が高めな武器を選び確実に当てていく。
  • オフェリアエポニーヌ透魔シノノメの攻撃を耐えきれないので、攻陣・防陣要員にする。
  • オフェリアのスキル「魔の風」「呪縛」透魔シノノメを倒す上で非常に有効。

おそらくこのマップで一番苦戦する個所は透魔シノノメの攻略だと思うので、ここさえ乗り切ればよほど油断しなければ攻略できるはずでしょう!

クリア報酬は魔力の吸収の書

こうして全員生存で攻略すると、クリア報酬として「魔力の吸収の書」がもらえます。

『壱:空蝉描く夢』
「技の吸収の書」「幸運の吸収の書」という感じで2種類もらえたのに対し、実用度は上とはいえ1種類しかもらえないとはちょっと残念ですね。

一応、検証も兼ねて全員生存+敵全滅でクリアしてみたのですが、それでももらえるアイテムは変わりませんでした。

これは『壱:空蝉描く夢』の方が例外的に2種類もらえるステージだったのかな?

ステータス項目的に言っても力・魔力・技・速さ・幸運・守備・魔防と7項目ですしね。

子供たちから失われた記憶

utakata2_ed

マップクリア後、男カンナは自我を取り戻します。

その後、アクアが現れ男カンナに「竜石」を渡すのですが、そこで彼らの記憶が失われているという事実が発覚します。

2人のカンナ、失われた記憶、重要なもの、アクアとシグレ。

重要となりそうなのはこれらの要素ですが、それ以外にもオフェリアオーディンから託された「石」というのも気になります。

なんにしても『弐:記憶の双剣』では『壱:空蝉描く夢』と同様に伏線が増えただけで終わりました。

これは『揺れる思影』でも同様な感じで終わり、伏線が回収されるのは第4章からなのかな?

謎が謎を呼ぶ子世代編ですが、次回『揺れる面影』へと続きます。

スポンサードリンク

他の追加マップに関する記事はこちら

追加マップ第1弾

追加マップ第2弾

追加マップ第3弾

またそれ以外の記事は「ファイアーエムブレムif 記事まとめ」にございますので、よろしければこちらも合わせてお読みください。

-ファイアーエムブレムif
-, , , ,