【FEif】泡沫の記憶編 攻略レビュー 参:揺れる面影 禁断の力を秘めた四番目の歌

2016/11/17

前回の追加マップが配信されてから約5ヶ月、Nintendo Direct 2016.3.4にて『ファイアーエムブレムif』追加マップ第3弾の配信が発表されました。

発表されたのは以下の4つ。

  • 無料で限定アイテムをもらうことのできる『アンナの贈り物2』
  • 子世代を中心とした全6マップからなる『泡沫の記憶編』
  • 親子の個別会話が楽しめる『絆の白夜祭』
  • 本編での支援会話が存在しなかった組み合わせの会話が楽しめる『絆の暗夜祭』

今回はそのうちの『泡沫の記憶編』の三つ目のシナリオ『参:揺れる面影』に焦点を当てて紹介していきます。

今回もがっつりネタバレしていますので、ご注意ください。

また『泡沫の記憶編』は連続シナリオなので、『壱:空蝉描く夢』の攻略レビューを読んでいない方はそちらからお読みになることをおすすめします。

スポンサードリンク

敵だと思っていたのは実は……

utakata3_op

■ストーリーライン
もう一人のカンナが「夜刀神・長夜」を手にした頃、程近い場所に白き国の王子とその仲間たちが集まっていた。
王子は敵を取りのがしたことを悔やみ、仲間たちは互いの傷の手当てをしていた。
その傷は先ほど戦った謎の兵たちと、ある「竜」に負わされたものだった。
仲間たちは今後のことを相談していると、「竜」の気配がなくなっていることに気づく。
「竜」がいなくなったことで勝機を見出した彼らは、情報を得るために取り逃した敵に再び挑む。

『参:揺れる面影』では、『弐:記憶の双剣』の直後の出来事が描かれています。

直後、というよりもう一つの側面と言い換えた方が良いでしょうか?

味方となるのはシノノメ、グレイ、マトイ、シャラ、ミドリコの5人。

この組み合わせというのは『弐:記憶の双剣』で透魔兵として出てきた組み合わせであり、すなわち彼らは透魔兵などではなかったのです!

ということは『壱:空蝉描く夢』で透魔兵として出てきたジークベルトたちも、実際は彼らのように姿が偽らされた者たちということになります。

この辺りはまたハイドラ率いる透魔王国の暗躍によるものと解釈してよいのかな?

とりあえず白夜王国側と暗夜王国側で相手が敵に見えるというのはわかったので、ここからどう子世代が合流していくのかが気になるところですね。

そして同時に残りの3シナリオで風呂敷が畳みきれるのかと、一抹の不安を覚えました(笑)

マップ攻略

杖要員がいないので、被ダメはできるだけ抑える

今回の舞台となるマップは白夜王国第18章『暗夜王子レオン』と同一のものです。

この流れで考えるとこれ以降のマップも白夜暗夜の王族の名前を関するマップのものの流用なのかな?

それはともかくとして今回の味方は前述通りシノノメ、グレイ、マトイ、シャラ、ミドリコの5人で持ち物に関しても『弐:記憶の双剣』で出てきた時とほぼ同じ。

shinonomegrymatoisharamidoliko

唯一の違いがあるとすれば、ミドリコ「アクアの秘薬」を持っている点でしょうか?

今回の味方はバランスが取れているとはいえ、誰一人として杖を使うことができないのでこの「アクアの秘薬」の使いどころが最重要となってきます。

またグレイの固有スキル「甘党」も回復量が少ないながら地味に役立つことでしょう。

時計回りで進むか、反時計回りで進むか

utakata3_map

今回のマップは敵将撃破ということで、透魔カンナ透魔フォレオを倒せばマップクリアとなります。

ですが2人の配置は分かれており、さらに狭いマップながらも時計回りで進むか、反時計回りで進むかの選択が必要です。

一応、敵の進軍をその場で待ち受けるという手もあるにはありますが、3ターン目に自軍初期配置付近に敵の増援が出てくるので、あまりおすすめはできません。

その上で進軍方向の選択ですが、個人的には時計回りで進むことをおすすめしたいです。

理由としては2つあり、1つは反時計回りだとゴーレムを計3体相手にする必要があるということです。

ゴーレムの配置は中央、左上、右上となっており、透魔カンナは左中央、透魔フォレオは中央上に配置されています。

透魔カンナは竜石を持っているので厄介なのですが、透魔フォレオシノノメマトイを防陣に組ませればあっけなく倒しきることができます。

すると右上に配置されているゴーレムや上手くいけば透魔オフェリア透魔エポニーヌも無視して倒すことができるのです。

またもう1つの理由としては透魔ディーア「リブロー」を持ち、なおかつ「魔除け」を落としてくれる点です。

仮に半時計周りで透魔フォレオから相手にしようと思った場合、少しでもHPを残すと透魔ディーア「リブロー」で回復される恐れがあります。

なので先に透魔カンナのいる方から攻め、透魔ディーアもまとめて倒してしまっておくのがおすすめです。

中央のゴーレムの攻撃範囲をよけながら進軍する

杖要員がいないということでなるべく被ダメージを抑えなければならないということは前述通りなのですが、その上で厄介となるのが中央に配置されているゴーレムです。

シノノメを使って早い段階で倒してしまうのも1つの手なのですが、それが難しい場合は、極力攻撃範囲に入らないように進軍する必要があります。

今回のマップは地味に増援が多いので、それを上手く対処しながら隙を見て倒してしまうのが良いでしょう。

クリア報酬は力の吸収の書

今までの『泡沫の記憶編』の例になぞり、今回のクリア報酬も全員生存で「力の吸収の書」でした。

やはりこれ以降の『泡沫の記憶編』でもらえるアイテムは1個である可能性が濃厚ですね。

もしかしたら最後のシナリオである『果てぬ黎明』では、さらに特別な報酬が用意されている可能性もありますけどね。

アクアでは力を引き出せなかった四番目の歌詞とは?

utakata3_ep

マップクリア後、シノノメたちは『壱:空蝉描く夢』で登場した他の白夜子世代と合流し、一旦その場を引きます。

おそらく次のシナリオ『迫る亡失』では、また視点が入れ替わり暗夜子世代が合流するという流れでしょうか?

またその後、アクアシグレ禁じられた第四の歌詞を教えます。

さらにこの世界がインビシブルキングダムに進みつつ、負けてしまった世界であるようなことを示唆する描写がシグレの口からなされます。

思い返せばインビシブルキングダムの後日談でもアクアは消えてしまうような記述があるんですよね。

あれってテキストミスだと思っていたのですが、ここにきて壮大な伏線だった可能性が浮上し、ちょっとワクワクが止まりません。

『泡沫の記憶編』残りの3シナリオは2016年3月23日に配信予定ですので、配信され次第、同様に順次攻略していきたいと思います。

お楽しみに!

スポンサードリンク

他の追加マップに関する記事はこちら

追加マップ第1弾

追加マップ第2弾

追加マップ第3弾

またそれ以外の記事は「ファイアーエムブレムif 記事まとめ」にございますので、よろしければこちらも合わせてお読みください。

-ファイアーエムブレムif
-, , , ,