ファイアーエムブレムif 決闘の博物館 ドラジェ量産計画

2017/02/06

2015年7月30日、ファイアーエムブレムifのダウンロードコンテンツが新たに配信された。

今回、配信されたのはこの2つ。

  1. 異界の博物館に集まった武器を奪い合う『決闘の博物館』
  2. かつて反映した王国の財宝を寝ずの番で守る『遺跡の財宝』

今まで紹介した『覚醒との邂逅』 『楽園争奪戦』 『恐怖の霊山』と同様にこれらについても紹介していこうと思う。

今回は『決闘の博物館』の方に焦点を当てて説明する。

毎回のことですが、ガッツリネタバレ注意です。

スポンサードリンク

異界の博物館に集まる武具

logo

■ストーリーライン
ありとあらゆる武器が集まる異界の博物館。
そこで開かれる武器の争奪戦に参加するカムイ(マイユニット)たち。
果たして今後の戦いに使える武器があるのか!?

『遺跡の財宝』の方もそうなのですが、今回配信された2つのダウンロードコンテンツは『恐怖の霊山』と同様に稼ぎマップ。

実際、筆者が初回プレイの時に手に入れることができたのは以下の武器。

  • 鉄の斧
  • ミョルニル
  • 逆薙刀
  • シャイニングボウ
  • 鋼の和弓
  • 団子串
  • クワ
  • 銀の暗器
  • 鉄の剣
  • マリッジプルフ
  • 勇者の槍
  • 武者の薙刀
  • リザーブ
  • 夏祭

とりあえずクリアまでに手に入れた順に列挙したのですが、鉄の斧鉄の剣のようにお店で何個でも買えるようなものマリッジプルフのように武器ですらないものもありました。

しかし同時に勇者の槍シャイニングボウなどお店では個数限定でしか販売されていないものもあり、それなりに希少価値のある武器もあったのは確か。

とはいえ、このバリエーションだと錬成した鉄系や鋼系の武器の方がよっぽど強い!

もちろんこれらの武器を錬成してさらに強くすることも可能だが、普通にシナリオをクリアする上でそこまで強い武器は必要ない。

前作の覚醒にでてきた過去シリーズの伝説の武具のようなものが一つでもあればプレイする価値もあるのですが、どうやらそういったものもなさそう。

武器を稼いでクリアへの手助けを目的とするのなら、不要なダウンロードコンテンツと言わざるを得ないでしょう。

参加者の中にボスの姿が

しかしこのマップの見どころはそこではありません。

なんと参加者の中に他のマップのボスの姿があったのです!
dolachemozu例えばその濃ゆいキャラクターが故に第三のルート『インビシブルキングダム』が配信する前に「仲間になるのではないか」とまで言われていたドラジェをはじめ、子供外伝に出てくるボスたちの姿はもちろんのこと、3章のボスであるモズの姿もありました。

残念ながら筆者がプレイした時にはドラジェと人気を二分する白夜14章のボスであるダニエラや捕獲できるボスの中では最強の呼び声が高い暗夜9章のハイタカさんの姿は確認できませんでしたが、これはうれしいサプライズ!

しかし気になるのは名前表示が参加者となっていることと、このボスたちは実際に捕獲できるのかということ。

なのでとりあえずドラジェで試したところ、無事捕獲成功!

hokakuさらに再度『決闘の博物館』をプレイした時にまたでてきたので、再び捕獲してみたところ同じ名前が二つ並びました(笑)

hokaku2おそらくこれを続けていけば同じ名前のボスを何人も捕獲することができ、マイキャッスルのキャッスル戦で10人のドラジェを同時に並べることも容易に可能!

つまりこのマップは武器稼ぎマップではなく、ボス稼ぎマップだったということだ!!!

何故、こんなに同名キャラがたくさんいるのか?

ここで一つ疑問なのは、異界とはいえどうしてこんなに同じキャラが存在しているのかということ。

その答えはマップクリア後にありました。

peace world

博物館の館長によると「この博物館に集まる武器は平和になった世界から寄贈されたもの」だという。

しかしファイアーエムブレムifには暗器をはじめとした過去のファイアーエムブレムシリーズにはない武器が多数登場している。

そこから導き出される答えは他の異世界=別ルートの世界ということです!

製作者側がそこまで深く考えているのかはわかりませんが、そう考えるとどこかほっこりしますね。

ファイアーエムブレムifのテーマ性が押し出され、また通常では捕獲できない3章ボスのモズを捕獲することができる『決闘の博物館』。

個人的にはかなりおすすめですので、気になるのでしたら是非300円でダウンロードしてみよう!

スポンサードリンク

他の追加マップに関する記事はこちら

追加マップ第1弾

追加マップ第2弾

追加マップ第3弾

またそれ以外の記事は「ファイアーエムブレムif 記事まとめ」にございますので、よろしければこちらも合わせてお読みください。

-ファイアーエムブレム
-, , ,