CHAOS;CHILD 華ルートの考察・感想 超!強い!力士シール!

2017/02/06

『STEINS;GATE』でお馴染みの「科学アドベンチャーシリーズ」の第4弾として制作された『CHAOS;CHILD』

妄想化学アドベンチャーである『CHAOS;HEAD NOAH』の続編であり、2014年にXbox Oneでリリースされたのを皮切りに、2015年にPS3/PS4/PS Vitaにも移植され、2016年4月28日にはPC版でも発売されました。

すでにアニメ化企画も進行中の本作をプレイさせていただいたので、考察と感想なんかを書いていこうと思います。

今回は個別ルートの1つである華ルートについてご紹介。

なお共通ルートに関してはこちらでレビューしておりますので、よろしければそちらもご覧いただけたら幸いです。

スポンサードリンク

襲われた時にどこに逃げるのかで分岐

華ルートは雛絵ルートと同様に第6章から分岐する物語です。

雛絵ルートが2人で一緒に逃げ出し拓留の家に向かうのに対し、華ルートでは拓留一人で碧朋学園に向かいそこでと出会います。

そこから物語が大きく変異していくのですが……。

ネタバレなし感想:か、怪獣だー!

FAD

共通ルートが科学アドベンチャーらしいサスペンス雛絵ルートがオチはともかくとして純愛ギャルゲーだったのに対し、華ルートパニック映画そのものでした。

それはもうB級のパニック物を見ているような感覚で、どんどんと展開がおかしな方向に進んでいきます。

そして最終的に迎えるのは「俺たちの戦いはこれからだ!」といった感じのエンディング。

確かにディソードは剣の形をしていますし、他の科学アドベンチャーシリーズよりはバトルアクションを期待できる気持ちはわかりますが、誰もここまでやれとは言ってない(褒め言葉)

用語解説:エンスーと疾風迅雷のナイトハルト

knighthalt

が新聞部の部室でやっているオンラインゲーム「エンスー2(正式名称:エンパイア・スウィーパー・オンライン2)」

前作『CHAOS;HEAD NOAH』の主人公である西條拓巳もプレイしており「疾風迅雷のナイトハルト」という通り名で知られるほどの廃人ゲーマーっぷりでした。

流石にはそこまでではない模様ですが、部室にいる間ほとんどプレイしていることを考えると廃人の素養があると言わざるを得ませんね。

ちなみにエンスー2とあるように『CHAOS;HEAD NOAH』から『CHAOS;CHILD』までの6年の間にバージョンアップがなされた模様。

そしてしれっと登場しているナイトハルトさんは嬉しいファンサービスでした。

ネタバレあり感想:超!強い!力士シール!

hana

というわけでここからはネタバレありの感想です。

広告から先はネタバレしかありませんので、ネタバレを嫌う人はここでブラウザバックをお願いします。

超!強い!力士シール!

いやもう、ほんとこの言葉が華ルートの全てだと思います。

灰田理子に襲われた拓留は碧朋学園新聞部部室に逃げ込みでと出会います。

そこでやり過ごそうとしたのですが、灰田理子はしつこく追ってきて、拓留たちは屋上に追い詰められることになります。

その状況を打破するためにが能力を使うのですが、この能力というのが問題。

華のギガロマニアックスとしての能力は「口に出した言葉を他者が妄想することによってリアルブートする」というもの。

言葉っていうのはわかりにくいですよね。

実生活の中でも人によって言葉の捉え方は様々だと思います。

ですが指向性として同じ方向を向いて妄想された時に、の能力はリアルブートするのです。

灰田理子に追い立てられた状況を打破するためには集まっている野次馬に向かって様々な言葉を投げかけます。

その結果、現れたのがエンスーのポーター(転移門)

それに触れた灰田理子は光に包まれ血をまき散らしながら消滅します。

灰田理子を殺してしまった自責の念に囚われつつも一応の事態の解決に至った拓留華。

しかし数日後、渋谷の至る所にポーターが現れ、そこからエンスーのモンスターが転移してきてさあ大変。

渋谷はモンスターが闊歩する町となり、300人委員会は拓留を世界の敵と認定し刺客として和久井先生を遣わせます。

そう、立ち絵があるにも関わらずここまで目立った活躍のなかった和久井先生は300人委員会の人間だったのです!

しかも和久井先生本物のギガロマニアックスで、それでいて世莉架とのつながりも伺える(またお前か)

世莉架の黙認を得られたことで本格的に拓留たちに牙を向く和久井先生。

本物のギガロマニアックスである和久井先生の力は強力であり、拓留たちは諦めかけます。

ですが僅かな可能性に賭けて、は叫んだのです。

――超強い力士シールと。

その結果がこれ。

rikishi

こんなの笑うしかないだろwww

これに対抗するために和久井先生ギガロマニアックス移動手段(プテラノドン)を手に入れて対抗しますが、やはり巨人には勝てなく呆気なく散る。

wakui

そして混沌を迎えた世界で拓留は世界の敵と認定されてエンディング。

色々と説明不足だったり、超展開の連続だったり、最後は投げっぱなしで終わったりと、良い意味で酷い。

ただ唯一失敗だったなぁと思ったのは、雛絵ルートより先にこちらのルートをやっておきたかったということ。

悪くはないのですが、共通や雛絵ルートに比べて心に響いてくるものが何もないんですよね。

が能力を得た経緯的なものがまったくわかりませんでしたし「俺たちの戦いはこれからだ」エンドだし。

ルート単体で見れば微妙と言わざるを得ない出来です。

ですが別のルートに関わる伏線的や設定的なものが垣間見えたという意味では非常に重要な意味合いを持っていました。

  • 世莉架と300人委員会のつながり

    今回、300人委員会の敵に認定され和久井と対峙することになる拓留たち
    そんな和久井(300人委員会)世莉架につながりがあるような描写があります。
    話を見る限り、対等の立場ではないもののある程度の情報を共有してそう。
    ここで疑問となってくるのが佐久間300人委員会との関係。
    共通ルートで委員会との繋がりを作るために佐久間は事件を起こしているという描写がありました。
    しかし和久井は2年前から碧朋学園で教師を務めており、世莉架とも繋がりがあります。
    となると世莉架が意図的に隠していなければ佐久間と和久井の間にもつながりがあるのではないでしょうか?
    これは最終ルートではボスラッシュの展開もありそうですね(笑)

  • 華のギガロマニアックス

    華ルートで明らかとなった声の反響によるギガロマニアックス。
    能力自体は歪なものですが、どうしてそのようなギガロマニアックスが華に宿ることになったのかが一切、触れられていないんですよね。
    話さなくなった理由としては中学時代の親友を破滅させてしまったと語られていましたが、それ以前の彼女の過去については明らかになっていません。
    実はこれ、盛大な伏線だったりしませんかね?

  • 雛絵ルートにおける華のギガロマニアックスの影響

    上に通ずる話なのですが、雛絵ルートにおいて華のギガロマニアックスが兄の幻を生み出したという描写があります。
    ただ雛絵ルートのレビューでも書いたのですが、華のギガロマニアックスというより佐久間の思考誘導っぽい気がするんですよね。
    雛絵ルートやった時点では華のギガロマニアックスがわからなかったので断言はできませんでしたが、こうして華ルートをやってみるとなおのことそう思えてしまいます。
    そもそも仮に華のギガロマニアックスで兄が生み出されていたとすれば、まだ渋谷の街を徘徊していることになりますからね。
    その辺を投げっぱなしで終わりにしている点から考えても、佐久間世莉架の仕業と考えるのが妥当でしょう。

  • 疾風迅雷のナイトハルト

    何の前触れもなく登場した前作主人公。
    6年も経っているのに相変わらずの屑っぷりで安心しましたが、未だに300人委員会とは対立している様子。
    ただ個人的にナイトハルトに何故、自分のギガロマニアックスについて明かすことになったのかが気になるところです。
    がエンスー内の軽口で話したらたまたまギガロマニアックスについて詳しいナイトハルトが食いついたとか、そんな軽いオチっぽい気もしますがどうにも気になります。
    しかしこうして出てきた以上、ナイトハルトは最終ルートでも大きく関わりを持ってくるかもしれませんね。

伏線が回収されるどころかさらに多くの謎を生み出した華ルート。

ルート的には微妙であることには違いないのですが、華ルート後の物語的なものがあれば是非読んでみたいですね。

『らぶChu☆chu!』『比翼恋理のだーりん』のような外伝的な作品が作られるのであれば、是非希望したいシナリオです。

とはいえ売り上げ的にアニメが成功しない限りは厳しそうな気もしますが……。

とりあえず当サイトで初めて知って興味を持ってくださった方がいれば、是非下記のリンクからポチってください(露骨な宣伝)

あなたの貢献が外伝作品の制作に繋がると信じて(笑)

以上「DEEP SKY END」のレビューでした。

スポンサードリンク

CHAOS;CHILD レビュー記事まとめ

-ノベルゲームレビュー
-, , ,