CHAOS;CHILD 乃々ルートの考察・感想 南沢泉里の真実と世莉架の想い

2016/11/17

『STEINS;GATE』でお馴染みの「科学アドベンチャーシリーズ」の第4弾として制作された『CHAOS;CHILD』

妄想化学アドベンチャーである『CHAOS;HEAD NOAH』の続編であり、2014年にXbox Oneでリリースされたのを皮切りに、2015年にPS3/PS4/PS Vitaにも移植され、2016年4月28日にはPC版でも発売されました。

すでにアニメ化企画も進行中の本作をプレイさせていただいたので、考察と感想なんかを書いていこうと思います。

今回は個別ルートの1つである乃々ルートについてご紹介。

なお共通ルートに関してはこちらでレビューしておりますので、よろしければそちらもご覧いただけたら幸いです。

スポンサードリンク

ほぼほぼ共通ルートからの分岐

乃々ルートへの分岐はうきルートよりもさらに先、第9章での分岐となります。

「ニュージェネレーションの狂気の再来」の犯人の正体を突き止め、第7の事件が発生し、拓留が現場へ駆けつけたところで物語は分岐します。

共通ルートとは違い、決着がつく前に拓留が到達したことで物語は大きく方向性を変えていくことになります。

というかここまでの流れの中で一番、拓留が主人公をしている場面ではなかろうか?

ただ個別ルートに入るとそんな拓留よりも乃々世莉架の関係の方に目を向きました。

ネタバレなし感想:もうこれがトゥルーエンドで良くね?

nono

正直に言うと、衝撃がヤバすぎて1周だけのプレイでは文章にまとめることができなくて即座にもう1回プレイしてきました。

もうほんと、色々と突きつけられたものが重い。

乃々の過去は元より、それ以上に彼女たちが抱いているの想いというものに、ガツンとやられた。

しかも他の個別ルートとは違い、雛絵うきなどもフェードアウトせずにきちんと物語の要所要所で絡んでくる。

「もうこれがトゥルーエンドでもいいんじゃない?」って思えるレベルで本筋に絡んでくる話でした。

さらに言えばハッピーエンドって素直に断じることはできないけれど、今まで見てきたエンディングの中で一番救われたエンディングだとも思います。

用語解説:渋谷震災

shinsai

科学アドベンチャーシリーズの世界で起きた局地的な震災。

2009年11月6日に起きたそれは、渋谷直下型の地震として世間一般には広まっていますが、その実はギガロマニアックスの暴走によるものです。

詳しいことは『CHAOS;HEAD NOAH』のネタバレになるので書きませんが、ギガロマニアックスの大掛かりな実験を行っている最中に西条拓海を始めとするイレギュラーによって起きた事故だったりします。

震災時に見られた光というのは、ギガロマニアックスの発する反粒子のことで、それを浴びたからこそ、『CHAOS;CHILD』では多くの人々が劣化ギガロマニアックスになったと推察されます。

なんだかんだで重要になってきてる設定なので、やっぱり『CHAOS;CHILD』をプレイする前に『CHAOS;HEAD NOAH』を軽くやっておけばよかったと思い直しています。

ただ最終的に震災によってどのような影響が出たのかは最終ルートで判明するとは思いますので、そちらに期待しておこうと思います。

ネタバレあり感想:南沢泉里の真実と世莉架の想い

photo

というわけでここからはネタバレありの感想です。

広告から先はネタバレしかありませんので、ネタバレを嫌う人はここでブラウザバックをお願いします。

世莉架にとってやっぱり乃々は特別な存在だったんだね。

今回のルートの醍醐味は乃々が本当は死んでいて泉里が化けているというところに収束しがちですが、筆者的には世莉架が乃々に大して感情を強くみせたことの方が印象深かったです。

拓留のやりたいことを叶えるためにリアルブートされた世莉架。

そんな彼女にとって拓留が特別なのは間違いないですが、6年の月日の中で乃々も特別な存在になっていたことが伺えます。

共通ルートで世莉架は「灰田理子を南沢泉里として『ニュージェネレーションの狂気の再来』の犯人に仕立て上げようとした」といった描写がありますが、南沢泉里を犯人に仕様としたのは拓留の心を奪おうとする乃々に対する当てつけだったのではないでしょうか?

世莉架は確かな友情を乃々に感じつつも、同時に拓留の心を奪う彼女を嫉妬していたのが乃々ルートで如実に描かれています。

相反する感情の中で揺れ動きつつも、それでも第一に優先するのは拓留であり、乃々から拓留の心を取り戻したかった。

筆者には今回のルートでの世莉架の行動がそのように映りました。

その一方で乃々の方も世莉架が「ニュージェネレーションの狂気の再来」の犯人だと知っても割り切れない思いが目立ちます。

世莉架とは違い、乃々ギガロマニアックスの実験を受けていたといってもごく普通の少女です。

むしろどこまでも南沢泉里である自分を嫌い、来栖乃々に憧れた彼女の心は拓留と同じくらい弱いものだったのではないでしょうか?

家族に恵まれなかった泉里は、渋谷震災の後に乃々の姿と新しい家族を手に入れた。

それまでの自分が味わえなかった幸せを味わった彼女は、失うことを恐れたのだと思います。

だから泉里はそれまでの自分を殺し、乃々として完璧に振舞い続けた。

その中で過去の自分に似た少年である拓留と、親友を失ったばかりの泉里が出会った近しい歳の少女である世莉架。

拓留を通じて2人は親友になり、泉里にとっては家族以外で唯一名前を呼び合う存在となります。

泉里にとっては拓留と同じくらい世莉架も特別だった。

そんな世莉架が起こした事件は拓留のためのもの。

でも親友だからこそそれが拓留のためだけではなく、世莉架自身の想いから行われた犯行だと気づくことができた。

それを泉里に指摘されたからこそ、剣ではなく言葉でやり返すために拓留の前で乃々の正体を暴いたんだと思います。

さらにその上で拓留が世莉架と泉里のどちらを選ぶのかを見定めたかったのではないでしょうか?

そして拓留乃々を――泉里を選んだ。

「乃々だろうと泉里だろうと関係ない、お前はお前だ」と。

それを見たからこそ、世莉架泉里拓留を託して逝くことができたのだと思います。

他の個別ルートでは拓留の望みを叶えた上で未だに見守り続けている世莉架が、泉里にだけは拓留を託して消えることができた。

2人が親友だからこそ、何の憂いもなく拓留を託すことができたのだと思います。

あまりにも綺麗な終わり方でこうして文章を書いている今も余韻に浸れています。

しかしこれはあくまで個別ルートであり、最終ルートではないんですよね。

確かに乃々ルートは綺麗に纏まっていますが、思い返せばまだまだ明らかになっていない謎も多い。

このまま満足のいく終わり方でプレイをやめるのもいいですが、やはりゲームは最後までプレイしてこそなので、今までの謎を纏め直した後にこのまま最終ルートをプレイしたいと思います。

  • カオスチャイルド症候群

    個別ルートをやっている間、すっかり忘れていましたが、カオスチャイルド症候群に対する謎が何一つ明らかになっていません。
    そもそも『CHAOS;CHILD』におけるギガロマニアックス『CHAOS;HEAD NOAH』におけるギガロマニアックスでは意味合いが大きく異なっています。
    カオスチャイルド症候群はいわば、そんな劣化ギガロマニアックスを発症したものの総称だと思っていました。
    しかしここまでくるとそれだけではなさそうな、そんな予感がしてきます。
    とりあえず今から最終ルートに進むのが怖いです(笑)

  • 拓留のギガロマニアックス

    拓留のギガロマニアックスは「念動力」であると同時に尾上世莉架をリアルブートした本物のギガロマニアックスでもあります。
    ここで前作『CHAOS;HEAD NOAH』の主人公、西条拓海のことを思い出してみましょう。
    細かい部分はうろ覚えですが、人体をリアルブートした将軍はギガロマニアックスとしての能力をほとんど失っています。
    同じ理屈で考えると、拓留世莉架をリアルブートした時点でギガロマニアックスとしての力を一度、失っているのではないでしょうか?
    そして新たにカオスチャイルド症候群として劣化ギガロマニアックスに目覚めた。
    こう考えると、やはり『CHAOS;CHILD』『CHAOS;HEAD NOAH』ギガロマニアックスは似て非なる別物である可能性が出てきます。
    この辺が最終ルートの鍵になってくるのかもしれません。

  • 佐久間の立ち位置

    共通ルートにおいては中ボス的なポジションを務めた佐久間。
    個別ルートでは目立った活躍はありませんでしたが、今回の乃々ルートで呆気なく殺されています。
    そもそも和久井と違って補助装置がなければディソードを生み出せない佐久間世莉架に勝つというのは難しいんですよね。
    普段からあんなものを背負っているわけでもなく、背負ったからといって不完全なギガロマニアックスに違いない佐久間。
    今までは思考誘導を行っていたのは佐久間かと思っていましたが、もしかしたら佐久間の方も世莉架思考誘導を受けていたのかもしれませんね。

  • 久野里澪の個別ルートがない理由

    乃々ルートをクリアしたことで最終ルートへの道が開けたわけですが、メインヒロインっぽい立ち位置なのに個別ルートがない
    これは世莉架はまだ前座でしかなく、実は澪がラスボスってオチなんじゃなかろうか?
    もしくはあれだけ悪態をつきつつも、澪は神成さん専用ヒロインであるとか!
    むしろクリスティーナやダルとのつながりがあることから、まさかのオカリン!?
    みたいなことも考えたのですが、流石に無理がありますよね(笑)
    ただカオスチャイルド症候群の研究をしている彼女が最終ルートで重要な立ち位置を担うのは間違いないでしょう。

  • 『CHAOS;CHILD』におけるギガロマニアックス

    『CHAOS;HEAD NOAH』に比べて劣化したギガロマニアックスというのは上で述べたとおりですが、『CHAOS;CHILD』ギガロマニアックスは個人個人の願いによって能力が決定づけられています。
    拓留は不自由な体を動かさずとも物を取りたいという思いから「念動力」
    雛絵は家族の本当の言葉が知りたいと願い「言葉の真偽」
    泉里は来栖乃々への憧れから「複写」
    そして世莉架は拓留の願いを叶えるため「思考盗撮」
    は経緯が不明ですし、うきもちょっと不鮮明な部分がありますが、これらに共通して言えるのはどことなくマイナスな願いからきた能力だということ。
    限定された能力なのに、それがマイナス面の能力であるとか、嫌な予感しかしませんね。

というわけで色々と纏め直してみたけど、やっぱり嫌な予感しかしない最終ルート。

しかしここまでプレイした以上、もちろん最後までやります。

どんな真実が待っていようとも、雛絵ルートをやった時のようにすべてを受け入れます!

ですが最後にこれだけは言わせてほしい!

正直、泉里ちゃん可愛すぎて最終ルートに進むのが辛い!

senri

以上「REAL SKY END」のレビューでした(笑)

スポンサードリンク

CHAOS;CHILD レビュー記事まとめ

-ノベルレビュー
-, , ,