ZERO ESCAPE 刻のジレンマ CQD-END:1の感想・考察 赤と青の選択の先に待っていたのは?

2016/11/17

2016年6月30日にPSVita/3DS/PCで発売された『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』

『Ever17』『12RIVEN』などのInfinityシリーズを手がけたことで知られる打越鋼太郎さんがディレクター・シナリオを務めた本作は『9時間9人9の扉』『善人シボウデス』に続く『極限脱出』シリーズの最新作であり、完結編として制作されました。

今回から数回に渡って実に7年に渡る集大成として制作された『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』のプレイレビューを書いていきたいと思います。

初回となる今回はCQD-END:1の感想と考察に加えて、これまでのシリーズについて簡単に触れていきたいと思います。

なお本記事では過去作『9時間9人9の扉』『善人シボウデス』軽いネタバレもあるので、その点にはご了承をお願いします。

スポンサードリンク

そもそも極限脱出シリーズって何?

※前作のネタバレ注意

『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』は単体でも十分に楽しめる内容となっていますが、一応これまでのシリーズも知っておいたほうが良いと思うので、知らない人向けに軽くご紹介します。

『極限脱出』シリーズとはその名の通り、密室空間に閉じ込められた人々が、そこから命賭けの脱出ゲームに臨むというものです。

文章にすると実に単純で、よくあるタイプのゲームに思われがちですが、打越鋼太郎さんが描く濃厚なシナリオとプレイヤーの選択肢や脱出ゲームの結果如何によってキャラクターの生き死にが決定するなど、実に緊張感あふれたゲームとなっております。

また本作の特徴として「9」という数字が物語の重要なところに関わってくるというのも大きな特徴です。

9時間9人9の扉:「9」の数字を使った「ノナリーゲーム」

9-1
画像引用元:http://www.spike-chunsoft.co.jp/ssn-999/

1作目『9時間9人9の扉』では2027年12月1日、ゼロと呼ばれる人物に拉致された淳平は幼なじみであるを始めとした8人の男女とともに見知らぬ客船に閉じ込められてしまいます。

そこで淳平たち「ノナリーゲーム」と呼ばれるゲームに参加させられ、ゲームを進めながら客船からの脱出を図ろうとしていきます。

その中で9年前にも「ノナリーゲーム」が行われたことなど様々な真実が明らかになっていきます。

ゼロの目的は? 何故「ノナリーゲーム」が行われることになったのか? そして淳平たちは脱出できるのか?

『Infinity』シリーズの頃から打越鋼太郎さんの作品に触れている人であればどことなくある作品を彷彿とさせるラストに衝撃を隠せないでしょう。

なお『9時間9人9の扉』は元々ニンテンドーDSソフトとして発売されましたが、現在はスマートフォンアプリでも配信されているようです。

興味のある方はそちらからプレイして見るのをおすすめします。

善人シボウデス:協力か裏切りかを選ぶ「アンビデックスゲーム」

zennin

2作目『善人シボウデス』では2028年12月25日に謎の施設に閉じ込められたシグマ。

そこでシグマは何故かシグマのことを知っているファイなどの8人の男女と共にゼロ3世に仕向けられた「アンビデックスゲーム」に臨むことになります。

脱出を目指し命懸けの「アンビデックスゲーム」に参加している中で「知り得ないはずのことを知っている」という奇妙な感覚に囚われるシグマファイ

この記憶の謎に触れながら脱出を果たしたシグマたちを待っていたのは衝撃的な光景でした。

果たしてシグマファイを待ち受けていたものとは一体何だったのか?

なお『善人シボウデス』はPSVita版と3DS版の2種類存在しますが、グラフィックを重視するのならばPSVita版脱出ゲームの操作性を重視するのならば3DS版をプレイするのが良いと思います。

ZERO ESCAPEには過去作の主人公も登場する!?

ここまであまりネタバレにならない程度に『9時間9人9の扉』『善人シボウデス』について軽く触れて見ました。

一見すると『善人シボウデス』『9時間9人9の扉』とは別個のゲームのように思えるかもしれませんが、最終的にはひとつの物語としてつながっていきます。

しかしこちらは続編を臭わせる終わり方だったので、ちょっとすっきりしなかったんですよね。

ですがそれもこれまでの話。

『ZERO ESCAPE』が発売された以上、この約4年に渡るモヤモヤ感をようやく解消することができます!

一時は『ZERO ESCAPE』開発中止が発表され、軽く落ち込みもしましたが、こうして発売してくれたことを一プレイヤーとして嬉しく感じております!

登場キャラクターも完結編の謳い文句に相応しく、『9時間9人9の扉』に登場した淳平が、『善人シボウデス』に登場したシグマファイがそれぞれ登場することなっています。

その上で『ZERO ESCAPE』では新たな新キャラクターであるカルロス、Q、ダイアナの3人を主人公に据えた物語となっております。

そうして新たな舞台に閉じ込められた9人の男女は全人類80億人の未来を賭けたディシジョンゲーム」に臨むことになるのです。

これまでの下地があったからこそ、ここまで壮大な物語が展開できたということなのでしょうね。

赤と青のコインの選択は?

というわけでここからCQD-END:1をクリアした時の感想となります。

広告の下はネタバレとなりますので、ネタバレを嫌う人はブラウザバックをお願いします。

非常に期待した上で始めたゲームなのですが、まさかまさかの10分でエンディングを迎えてしまいました(笑)

物語の最初、実機映像の動画のようにカルロスがコインの選択を迫られます。

そこで筆者は赤いコインを選択しました。

結果は――

見事カルロスはコインの色を的中させることができました。

そうして彼らは開放されたのです。

中に閉じ込められていた時の記憶をすべて消し去られて………。

正直、この手の選択は必ず外して物語が展開すると思っていました。

しかしまさかの正解からの即スタッフロール。

謎は何もわからないままに終わってしまいました。

この先の展開のことを考えるとある意味、一番平和なハッピーエンドとも言えるかもしれません。

ちなみに検証も兼ねてニューゲームで青いコインを選んでみたら、やはりそれでも正解。

そしてクリアデータをロードをしてコイントス当てを行うと必ず失敗するという結果になりました。

ということはこの演出自体にも何か意味があるかもしれませんね。

次回の記事では『ZERO ESCAPE』についてもガッツリネタバレを書いていくと思いますので、その時はまたよろしくお願いします。

以上、CQD-END:1のレビューでした。

スポンサードリンク

ZERO ESCAPE レビュー記事まとめ

-ノベルレビュー
-, , , , , ,