ZERO ESCAPE 刻のジレンマ HAPPYENDの感想・考察 幸せな世界に真実はあるのか?

2016/11/17

2016年6月30日にPSVita/3DS/PCで発売された『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』

『Ever17』『12RIVEN』などのInfinityシリーズを手がけたことで知られる打越鋼太郎さんがディレクター・シナリオを務めた本作は『9時間9人9の扉』『善人シボウデス』に続く『極限脱出』シリーズの最新作であり、完結編として制作されました。

実に7年に渡る集大成として制作された『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』を早速買ってきたのでプレイレビューを書いていきたいと思います。

今回はD-END:1の感想と考察をメインに紹介していきたいと思います。

なお最初のエンディングについてはこちらの記事に書いております。

『極限脱出』シリーズの簡単な紹介も書いておりますので、もしよろしければそちらから目を通していただければ幸いです。

スポンサードリンク

やっとの思いでハッピーエンドにたどり着くことができました!

プレイ時間は約14時間、ついに筆者はハッピーエンドにたどり着くことができました!

極限状態の密室空間の中で長く苦しい思いをしてきましたが、こうしてハッピーエンドを迎えると感無量な思いがありますね!

ちなみに前回からこの記事までにプレイしたフラグメントは以下の通り。

  • FCFS:D
  • Force Quit:C
  • Force Quit:Q
  • Force Quit:D
  • Reality

前回のD-END:1から今回まで脱出ゲームがなかったということもあり、実はあれから1時間ほどしか経っていません(笑)

フロー的にもすでにクリア済みの「Radical-6」「Suppression」を経由して「Realtiy」という流れなので、実にサクサクプレイすることができたのかと思います。

しかしこれまでの記事を読んできた方ならわかると思いますが、まだまだ未回収のエンディングは多いので、それらの回収もしていきたいですね。

ネタバレなし感想:Qはこうして家族のもとに帰って幸せに暮らしましたとさ

happyend

まず言えることは今回のエンディングでQの正体というものが明らかとなります。

それ自体はかなり衝撃的なものだったのですが、何にしてもQの仮面も無事に外れ、彼はゼロの手によって無事に幸せな家族の元へと帰ることができました。

しかしまだエンディング回収も済んでいないのに、HAPPYENDを先に見ちゃっても良かったのかな?

やっぱり攻略順、間違えちゃっている?

まぁそんなことは一切、気にせずに残りのエンディングも見ていきたいと思います!

システム紹介:PSVita/3DS/PCの3機種で発売

厳密にはシステムではないのですが、『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』はPSVita/3DS/PCの3機種で発売されています。

筆者はこの内、PC版を購入しプレイしているわけなのですが、『9時間9人9の扉』をDS版、『善人シボウデス』をPSVita版でプレイしてきた影響か、なんとなく機種ごとの違いがわかるのでそれらに触れていきたいと思います。

  • PSVita版:持ち運びも可能でグラフィックも綺麗で手軽にプレイできる。脱出パートは他に比べて少しやりにくいかも。
  • 3DS版:2画面あるので脱出パートのプレイしやすさという意味では一番か? グラフィックはだいぶ劣化気味。
  • PC版:DL版限定なのでパッケージでは手に入らない。Steemの登録が必要。マウス操作での脱出パートは楽。画面サイズも最大。

実際にプレイして比べたわけではないので、間違っているかも知れませんが概ねあっていると思います。

公式動画で機種ごとの違いがわかる動画があがっていますので、購入を考えている方はそちらを見比べて購入する機種を考えてもらえればと幸いです。

PSVita版


3DS版

PC版

重厚感のある話であることを考えると、やはりPC版が1番おすすめだと思うのですが、寝転びながら気軽にプレイできるPSVita版も捨てがたいと思います。

3DS版も悪くはないと思うのですが、かなり3Dグラフィックが美麗なゲームなので、物語を楽しむという意味ではあまりおすすめできないかもしれませんね。

ネタバレあり感想:Qのマスクの下にあったものとは?

Q

というわけでここからHAPPYENDネタバレ感想・考察となります。

広告の下はネタバレとなりますので、ネタバレを嫌う人はブラウザバックをお願いします。

ほら、ハッピーエンドだぞ、泣けよ。

ネタバレなしの方では攻略順番間違っちゃったような発言をしていると思いますが、全然間違っていません。

むしろこれまでのエンディングを含めて、すべて製作者側が用意した通りの順番で進めていると思います。

実は今まで紹介したエンディング以外にも、BADENDは何度も見てきています。

今回のHAPPYENDはそんなBADENDと扱いは同じ。

つまり正規のエンディングではないのです!

その上でQに対する謎が明らかになったこと、新しい伏線が出てきたこと、何よりあまりにも衝撃的な展開だったことから書くことにしました(笑)

以下、よく分かるHAPPYENDまでの流れ。

「Radical-6」でQチームの面々はラジカル6を投与して、FBRの効果を相殺するのですが、ラジカル6を投与した影響なのかミラの殺人鬼としての本性が目覚め、エリックQが殺害される。

「Suppression」では謎の人物にDチームが襲われ、全滅させられる。

「Reality」でミラに殺されたはずなのに目覚めたQは、自分が10歳の若さで死んだショーンという少年の人格を元に作られたゴーレムだということが明らかになります。

そんなQゼロは一つの選択を迫ります。

それはボタンを押すか、押さないか。

押せばQの擬似人格は仮想現実にコピーされ、幸せな世界に生きていくことになる。

ただしそれはあくまでコピーであるので、ここにいるQもまた同時に存在し続ける。

一方でボタンを押さなければ、Qの役目は終わり速やかに死に至る。

そこでQはボタンを押すことになり、ディシジョンゲームのことを忘れ、仮想現実の中でショーンとして家族とともに幸せに生きていくことになります。

これがHAPPYENDなのですが、プレイヤー目線で言えば全然ハッピーエンドじゃない件。

ちょっと前にプレイしたカオスチャイルドでもこんなエンディングがありましたが、最近はハッピーエンドをプレイしても尽くハッピーになれないのは何故なのか?

ちなみに現実に残ったQゼロからあるパスコードを教えられます。

それが自分のマスクを外すコードだと思い至ったQは入力し、マスクを外すのですが、その結果がこれ。

Q_truth

マスクとは顔を隠すもの、普通ならばその下に何らかの顔があると思いますよね。

けれどゴーレムであるQにとってマスクそのものが顔だったのです。

幸せな仮想世界と真実の顔。

この落差はかなりどぎつかったですね……。

とはいえ結構重要な伏線が出てきたのも事実なので、いつものように考察していきます。

  • ディシジョンゲームが行わているのは仮想世界であるという可能性
    『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』ではフラグメントシステムのせいか、いまいち他のチームの生存状況がわかりにくくなっているようにも感じられます。
    中には死んでいると告げられたものが生きているのではないかと思わしきシーンもあり、筆者は混乱していくばかりです。
    ですがこれが仮想世界というのであれば、話は別になってきます。
    仮想世界においては様々なパターンを試行することができます。
    それによって○チームが死亡しているパターンと生存しているパターンなど、様々な形で試されているのではないでしょうか?
    ただ最終的にはどれかが現実ということにはなってくるのでしょうが、今のところどれがそうなのかはわからないですね。
    普通に考えれば全員生存しているルートということになりますが、そんな生易しいゲームとは思えないし、もしかするとこれまでのフラグメントはすべて架空でのシミュレーションと言われても不思議ではありません。
  • 「Suppression」でDチームを殺したのは誰か?
    これに関しては今回のエンディングに辿り着く前から、ミラが怪しいと睨んでいました。
    フードで顔を隠している理由はわかりませんが、足音も同じでしたからね。
    ですがわからないのは、Q区画にいたはずの彼女がどうしてD区画にいたのかということ。
    トランスポーターで転移してきたのか、隠し扉から移動してきたのか、そもそも別の区画に見せかけて全員が同じ区画にいたのかなど、様々な可能性に思い至ります。
    普通に考えれば隠し扉から移動してきたのが一番あやしいのですが、彼女がそのコードを入手出来た経緯がわからないですね。
    今回のQのようにゼロから特別なディシジョンゲームを仕向けられたのでしょうか?
  • ショーンという少年
    Qの擬似人格のモデルとなったショーンという少年。
    10歳の若さで病で亡くなったとされる少年は間違いなく、17年前に亡くなった患者でしょう。
    個人的にはそんな昔に亡くなった少年の擬似人格をゼロがどのようにして入手したのかが気になります。
    物語の舞台が2028年と考えると、17年前は2011年。
    流石にその時代背景だと擬似人格を保存する技術は確立されていないので、トランスポーターでショーンが生きている過去に転移したと考えるべきでしょう。
    あるいは過去の人間が未来にやってきたとか?
    何にしてもここに来て大きな伏線が現れたのは間違いないと思います。
  • 強制終了プログラムを起動させるための2つの母の形見とは?
    今回のエンディングとは直接、関わりはないのですが、唐突に必要とされた母の形見。
    1つはファイの持つブローチであることは明らかですが、もう1つは果たして何なのか?
    しかしこうなってくるとファイダイアナが姉妹であるという説は間違っていなさそうです。
    ファイの過去については『善人シボウデス』の頃からの謎だったので、一体どのようなものなのか、今から読み進めるのが楽しみになってきますね。

D-END:1から1時間ほどしかプレイしていないので大した考察はありませんが、非常に先が気になる展開となってきております。

物語はいよいよ中盤から終盤へと差し掛かったところ、まだまだ謎は多いですがこれからどうなっていくのか気になるところですね。

もう読む手が止まらないといった具合なので、さっさと脱出ゲームを攻略して次のエンディングを見たいと思います。

以上、HAPPYENDのレビューでした!

スポンサードリンク

ZERO ESCAPE レビュー記事まとめ

-ノベルレビュー
-, , , , , ,