ZERO ESCAPE 刻のジレンマ D-END:2の感想・考察 ファイ出生の秘密がついに明らかに!

2016/11/17

2016年6月30日にPSVita/3DS/PCで発売された『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』

『Ever17』『12RIVEN』などのInfinityシリーズを手がけたことで知られる打越鋼太郎さんがディレクター・シナリオを務めた本作は『9時間9人9の扉』『善人シボウデス』に続く『極限脱出』シリーズの最新作であり、完結編として制作されました。

実に7年に渡る集大成として制作された『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』を早速買ってきたのでプレイレビューを書いていきたいと思います。

今回はD-END:2の感想と考察をメインに紹介していきたいと思います。

なお最初のエンディングについてはこちらの記事に書いております。

『極限脱出』シリーズの簡単な紹介も書いておりますので、もしよろしければそちらから目を通していただければ幸いです。

スポンサードリンク

ほぼすべてのフラグメントの回収を完了

前回のハッピーエンドから今回のD-END:2まででほぼすべてのフラグメントの回収を終えました。

まだ未出現のものもありますが、ここからはほぼ一本道で物語が進んでいくと思います。

なお前回から今回に掛けて新規にクリアしたフラグメントは「Ambidex」のみで、残りはこれまでのチャプターで途中中断になっていたものがほとんどでした。

しかも「Ambidex」から繋がる流れはまた別の流れの話であり、今回のエンディングとはそこまで関係がありません。

あの辺のくだりはある種のギャグのように展開が早く、微妙についていけていない部分があったのですが、それらの感覚はD-END:2を見たらすべて吹き飛ばされてしまいました。

ある意味で、D-END:1から直接的なつながりのあるエンディングということも良かったと思います。

ネタバレなし感想:ファイの秘密が明らかに!

baby

D-END:2ではついにファイの出生の秘密に触れられます。

『善人シボウデス』の頃から謎の多かったファイ。

そんな彼女の謎がすべて明らかとなるのです。

その秘密は「ここで、こうくるのか」という斜め上の展開で、個人的にはこれだけでSF物最高峰の一角と呼べるのではないかと思ってしまいます。

ですがまだまだエンディングは数多く存在し、さらにファイの兄弟と言うべきもう一人の子供の行方などもわかっていません。

これからその辺が明らかとなってくることを考えると、読み手が止まりそうにありませんね。

システム紹介:プレイヤーの決断を迫るDecisionゲーム

disision

物語を彩る要素として存在している「Decisionゲーム」

登場人物たちは様々な場面で様々な決断を迫られます。

それは自分や相手の生き死にを左右するようなもので、さらに一概に間違いと言えないものばかり。

その選択によって物語は分岐していくことになります。

本来ならもう少し早い段階で紹介すべき要素でしたが、うっかり紹介し忘れていたのと、ちょうど上述の画像がD-END:2に密接に関わってくる部分であったので良い機会と思ってここで紹介させていただきました(笑)

なお上述の場合、空砲を撃って全員生存か、実弾を撃ってシグマが死ぬか、撃たずにファイが焼け死ぬかの3択となっております。

このいずれかのルートを通ってD-END:2に到達しましたので、もしよろしければネタバレあり感想を読む前に少し考えてみてください。

ネタバレあり感想:希望と絶望の産声

phi1

というわけでここからD-END:2ネタバレ感想・考察となります。

広告の下はネタバレとなりますので、ネタバレを嫌う人はブラウザバックをお願いします。

まさかファイの両親が異なる歴史のシグマとダイアナだったとは――。

考察でファイダイアナが姉妹であるのではないかと言ってきた筆者ですが、この可能性は全く考えていなかった。

言われてみればこの可能性も十分に考えられたのに、完全に盲点だった。

とりあえずファイ出生から死亡までの流れを単純にまとめると、こんな感じかと思います。

  1. ディシジョンゲームの選択によってシグマダイアナファイを見殺しにしてしまう。
    しかし2人はそのことを記憶消去薬で忘れさせられていた。
  2. ディシジョンゲームが終わりシェルター内に閉じ込められたシグマダイアナ
    2人は結ばれ、後にシェルター内でデルタファイの双子を産む。
    しかしちょうどその日に食料が尽き、同時にトランスポーターのチャージが回復する。
    2人は希望を残すためにデルタファイトランスポーターで異なる歴史の過去へと飛ばす。(仮にAの歴史からBの歴史に移ったとする)
  3. Bの歴史で行われたディシジョンゲームによってラジカル6が世界中に蔓延、60億人の人類が死に至る(D-END:1?)
  4. 2074年のシグマの意識が未来に帰り、過去のシグマの意識へと戻る。
    そこで過去のシグマダイアナが死ぬ3年間を共に過ごす。
    ダイアナのことが忘れられなかったシグマは、後に彼女をモデルとしたゴーレムである「ルナ」を作成する。
  5. 2074年の未来、シグマは人類を救うために月でノナリーゲームABエディションを行い、過去のシグマファイにシフト能力を与える。
  6. シグマファイ、2074年から2028年の過去へと送られる。
    この際、Bの歴史からAの歴史に移ったと思われる。
  7. Aの歴史でディシジョンゲームが行われ、1に戻る。

より厳密に言えばこのルート以外の淳平がディシジョンゲームに参加しなかったCの歴史や拳銃の引き金を引いたDの歴史なども存在しています。

ですがファイが誕生するためには、シグマファイの名前をもらって名付けるという意味でも、あの場でファイを見殺しにするルートを通らざるを得なかった事になります。

しかしそうなると元々いたファイという存在は何処から来たのか?

言うなれば「卵が先か鶏が先か」みたいな状態とですね。

結果的にトランスポーターで生かされたデルタファイですが、その歴史においてのシグマダイアナはおそらくは死亡してしまったのでしょう。

ただデルタという新たな登場人物が出てきた以上、もしかするとディシジョンゲームはAの歴史の2人を助けるために行ったという可能性も出てきたんじゃないかなと思います。

とりあえず今回、新たに明らかになった点や気になる点をいつものように考察していきます。

  • デルタの立ち位置は?
    まず真っ先に気になるのがここですよね。
    今まではファイの姉妹はダイアナと思っていただけに盲点となってしまっていた部分。
    普通に考えればゼロの中の人という可能性なのですが、ではその中の人は誰なのかって話なんですよね。
    もうトランスポーターの歴史移動、時間移動は間違いなく起こりえる現象であると考えると、Qのオリジナルであるショーンフリー・ザ・ソウルのボスであるブラザーなど候補となり得る存在が複数いますね。
    個人的には未だに淳平偽物説は捨てきれないので、閉じ込められた9人の中にいるのならばやはり彼が一番、あり得るのではないかと考えています。
  • 淳平が異なる歴史のことを知っていた理由
    D-END:2とは関係ないところの話ですが、「Ambdex」のフラグメントでCチームは全員でシフト移動することになります。
    この際、シフト先を決めたのは淳平なのですが、何故そういった異なる歴史があることを淳平が知っているのかが気になりました。
    過去であれば記憶消去薬を使われたとしてもふとした時に思い出せそうなものですが、今回指定されたのは完全な横の歴史。
    に指輪を渡した時も逆の指につけるなど不可解な行動をしていたので、やはり淳平には何か裏がありそうです。
  • ミラの死体に付着していた痕跡の謎?
    「Pop Off」のロックの解除先で、Qチームはミラの死体の爪に何らかの痕跡が残っていることを伺わせます。
    死ぬ前の抵抗の後とQエリックは考えたようですが、筆者は異なる歴史でDチームを殺害した際についた痕跡だと考えました。
    わからないのはミラが歴史移動ができた経緯と死んだ理由です。
    ただ後者はともかく前者は逆にQとエリックが歴史移動をしたのではないかと睨んでいます。
    Qに至ってはスペアボディが複数ある以上、シフト現象でも十分なわけですしあり得なくもない可能性なのですがどうでしょう?
  • ゼロの真なる目的は?
    『善人シボウデス』の世界では、ディシジョンゲームの行く末の後にラジカル6が蔓延し、60億人の人類が死に至ったと言われていました。
    フリー・ザ・ソウルのボスであるブラザーの目的はそれなのかもしれませんが、これまで出てきた事実からゼロの目的はまた別のところにあると考えられます。
    故にここに来て筆者は同じ打越鋼太郎さんが制作した『Ever17』と似たような仕掛けが使われているのではないかと思い始めています。
    そちらのネタバレになるので深くは言いませんが、『極限脱出』シリーズは『Ever17』『Remember11』の良いとこ取りした印象があるので、ここにきて懐かしいと思える要素を盛り込んできてもおかしくないのではないでしょうか?

ファイの謎も解け、非常に盛り上がってきた『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』

ようやく終盤に差し掛かってきた本作は果たしてどのような結末を迎えることになるのか?

このまま期待度MAXで読み進めていきたいと思います!

以上、D-END:2のレビューでした!

スポンサードリンク

ZERO ESCAPE レビュー記事まとめ

-ノベルレビュー
-, , , , , ,