ZERO ESCAPE 刻のジレンマ Q-END:2の感想・考察 ゼロの正体に隠された衝撃的な仕掛け

2016/11/17

2016年6月30日にPSVita/3DS/PCで発売された『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』

『Ever17』『12RIVEN』などのInfinityシリーズを手がけたことで知られる打越鋼太郎さんがディレクター・シナリオを務めた本作は『9時間9人9の扉』『善人シボウデス』に続く『極限脱出』シリーズの最新作であり、完結編として制作されました。

実に7年に渡る集大成として制作された『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』を早速買ってきたのでプレイレビューを書いていきたいと思います。

今回はQ-END:2の感想と考察をメインに紹介していきたいと思います。

なお最初のエンディングについてはこちらの記事に書いております。

『極限脱出』シリーズの簡単な紹介も書いておりますので、もしよろしければそちらから目を通していただければ幸いです。

スポンサードリンク

ついにゼロの正体が明らかに!?

前回のC-END:1から分岐する形でカルロスが見捨てた歴史の延長線上、そこに今回のエンディングはありました。

最早、Cチームの面々は真実に到達することができず、残されたメンバーも数少ない。

そんな中で明らかとなるゼロの正体

それは筆者の想像を超えたところにありました。

ネタバレなし感想:うわああああ!!騙されたああああああ!!!

omaeda

ネタバレなしの感想で言えることはこの一言だけです。

ラストまでプレイ済みの人が筆者のこれまでのネタバレあり感想の考察を見ていたら実に滑稽に映ったでしょう。

「ぷーくすくす、こいつ見事に騙されてやがる、超受けるんですけどー」

きっと読みながらこう思われていたに違いない。

ですが言い換えればある種、制作陣の思うがままの動きをして楽しむことができたということです。

ゲームは楽しんだもん勝ち。

筆者はここまで純粋に楽しんでこれたので、これはこれでいいんじゃないでしょうか?

……ちょっとは悔しい気もしますけどね(笑)

ネタバレあり感想:視界の外にいたゼロの正体とは?

eric

というわけでここからQ-END:2ネタバレ感想・考察となります。

広告の下はネタバレとなりますので、ネタバレを嫌う人はブラウザバックをお願いします。

これまでの物語はすべてゼロであるデルタの視点から描かれていたという衝撃。

そのことに筆者はまったく気づいていませんでした。

この手の叙述トリックは、実に古典的で有名なものです。

有名な作品だと近年アニメ化もした米澤穂信さん『愚者のエンドロール』でも示唆されていたトリックであり、ミステリーファンであるならば頭の片隅には入れて置かなければならない可能性の1つです。

けれどまさか、思わないだろう?

トランスポーターやエリックの過去がゼロの正体を隠すためのミスリードだったなんて……。

確かにフリー・ザ・ソウルのボス・ブラザーは老人だと、作中では口を酸っぱく明言されてきました。

しかしトランスポーターやシフト現象の存在が、一概に老人ではない可能性があると思い込まされてしまった。

さらにC-END:1ゼロが語った血の繋がらない弟と暮らしていたという事実。

確かにエリックとその弟であるクリスとの間に対する血縁関係を言及した発言はありませんでした。

けれど目の前に与えられた情報を結びつけて考えてしまうのが人間のサガというものでしょう!

極めつけはQという名称が、Qチームの主人公であるゴーレムのショーンではなく、Qという名の別人を指し示していたという真実。

確かに読み進めている中で違和感はあったんです。

最初のコイントスの段階で、CチームやDチームの面々がQの名前を読んでいるにも関わらず、ショーンを前にした時に「誰だこいつ?」といった反応を示していたことに……。

しかし違和感を覚えつつも理由が全く検討がつかず、スルーしていた部分でした。

まさかそれがここまで重要な意味を持つ要素だったとは……。

この点についてはもう少し深く考えるべきだったと反省すべき点ですね。

しかしここまで盛大に推理を外していると、逆に清々しいものですね(笑)

全クリ済みのユーザーにとってもここまでの記事は実に滑稽で楽しい読み物となっていたのではないでしょうか?

もうそれだけで筆者は満足です。

ですがまだ最終ルートが残されているので、そちらに対する考えと残っている謎についてをまとめていきたいと思います。

懲りずに見当違いなことを言うかもしれませんが、温かい目で見てもらえれば幸いです。

  • デルタがダイアナを殺さなかった理由
    Q-END:2デルタダイアナを除いて皆殺しにしています。
    ですが彼女を残したことに何らかの意味を感じられます。
    ダイアナにシフト現象の力があると示唆される描写はほとんどありませんでしたが、それでも彼女が異なる歴史の記憶を覚えているような描写はありました。
    なのでデルタダイアナをシフトさせることで他の誰かに何かを誰かに伝えたいのかもしれません。
  • デルタの持つ他者を操る力
    上記に通ずる話なのですが、デルタの持つ他者を操る力。
    Q-END:2ではそれによってエリックショーンシグマを射殺させた後、自殺させました。
    ところでこれまでの話の中で、選択肢の中でカルロスショーン、ダイアナが自分でも思いもよらぬ行動をしてしまったと悔いている描写が何度も出てきます。
    これはプレイヤーという目に見えぬものの力によって選択させられたと今まで考えてきましたが、実はデルタが主人公たちに命じてきたのではないでしょうか?
    つまりこれまで見てきた歴史で起きた分岐はすべてデルタの手で引き起こされた事になります。
    ここまで大掛かりな力を用いてデルタが行おうとしてきたことが、80億人を救うために60億人を犠牲するためとは到底思えません。
    作中では悪役のように描かれていますが、実はまだ計画の途中段階であり、最終的にはすべての人を救うことこそがデルタの真の目的なのではなのかもしれません。
  • ミラの立ち位置
    Q-END:2ミラゼロの協力者的な立ち位置であることが明らかとなりました。
    協力者といっても何かを命令したわけではなく、彼女の好き勝手にさせることで場を荒らさせたといった意味合いなのでしょう。
    それによってある歴史では淳平が殺され、また別の歴史ではエリックとDチームが殺されるなどの動きをみせています。
    未だに淳平がバラバラ死体になっていた理由はよくわからないのですが、もしかしたらこの先ももうひと暴れしてくれるかもしれません。
  • ショーンの血の色
    唐突に明らかとなったゴーレムである彼の血の色。
    人間の赤い血ではなく、白い血(厳密には血ですらない?)を持って活動しているという描写。
    ここに来て出てきた設定ということは、最終ルートでも重要となってくる設定なのかもしれません。
    現状、何となく思いついたのはあの白い液体は実はミルクで、ガブの餌として用意されたものという説。
    説というより本当にただの思いつきで、何の根拠もない話なんですけどね(笑)
  • 鎖に繋がれたガブの謎
    抹殺ボタンを押したルートに置いて、Qチームが発見したガブは鎖に繋がれています。
    それについてこれまでのエンディングでは一切、触れられてきませんでした。
    ガブに身動きされることで不都合があるのか、それともショーンをシェルター内に呼び戻すために行った行動なのか?
    あのルートはまだトランスポーターのエネルギーも生きていることを考えると、それがキーポイントになってきそうですね。
  • 強制終了箱で終了するものとは何なのか?
    様々なキーワードやアイテムを入力することで起動させることができる強制終了箱。
    Q-END:2までクリアすることにより、ようやくすべてのキーワードを集め終えることができました。
    まずはこれを入力することで最終ルートへの礎とするわけなのですが、問題は何が終了するのか?
    素直に考えればディシジョンゲームではあるのですが、実は未だにHAPPYENDで示唆された仮想現実の可能性が引っかかっています。
    仮想現実という設定自体は、HAPPYENDでしか触れられておらず、他のルートでは全く出てきておりません。
    なので強制終了箱で終了させるのは、今見ている仮想現実なのではないか?
    筆者はそう考えています。
  • 17年前に死んだ6人と登場人物たちの関係性について
    カタツムリさんの行動によって死んだ6人の人物。
    ミラに殺された女性、無実に罪に着せられ自殺した茜(とその兄)の両親、病院に向かうためにタクシーに飛び乗った外科医ショーンのオリジナル。
    この内、5人は登場人物に密接に関わってきていると言えます。
    しかし外科医を載せたタクシーの運転手のみ、少し関わりが薄いような気がしています。
    1人くらいそういう人物がいてもおかしくないですが、そんな杜撰なことをしないのが『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』
    きっとまた筆者の想像を超えるつながりを見せてくれるのではないでしょうか?

良くも悪くもゼロの正体の衝撃が凄すぎたQ-END:2。

正直、正体が明かされた瞬間は登場人物たちが何を言っているのかもわからず、デルタの姿が映された時は思わず「誰だよ!」と叫んでしまったくらいです(笑)

mama

さらに最終的なセリフを見て「パパを殺しといて何が『ママ……』だよ!」とも叫んでいるのですが、きっと同じような思いを抱いたプレイヤーは多いに違いない(笑)

それはともかくとして、落ち着いて考えれば考えるほど無理のない展開だと納得できるのが『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』、ひいては打越鋼太郎さんの作品の凄いところです。

残すところは最終エンドのみ、果たして物語はどのような結末を迎えるのか?

これまではいろいろと考えて読み進めてきましたが、ここからは頭を空っぽにしてゲームを楽しんでいきたいと思います。

以上、Q-END:2のレビューでした!

スポンサードリンク

ZERO ESCAPE レビュー記事まとめ

-ノベルレビュー
-, , , , , ,