【ダビマス】ストーリー目標の攻略法 見事な配合やダビフレポイントなど目標を知り効率よくプレイしよう!

2016/11/17

スマホで配信されたダビスタシリーズ最新作『ダービースタリオン マスターズ』

『ダビマス』には今までの『ダビスタ』と違い、ストーリー要素があります。

様々な目標が設定され、それを達成するごとにクリア報酬がもらえストーリーが進むというシステムです。

ですがこのストーリー目標、意外と意地悪なところがあります。

そこで今回は『ダビマス』のストーリーを簡単に紹介しつつ、目標などを公開していきたいと思います。

※現在5話の途中まで掲載。今後も随時更新予定

スポンサードリンク

第1話 仮初のオーナー

dabimas1

■第1話のあらすじ

馬のブローカーをやっていたかずま(主人公)は、父親の死をきっかけに生まれ育った牧場に帰ってくることになります。
牧場の経営者がいなくなったことで、牧場は閉鎖の危機に陥ります。
かずま自身は牧場経営にそこまでの興味を持たなかったが、幼馴染のなつきや牧場長の言葉に突き動かされ、一時的に経営者として牧場を運営することになる。

 

過去に『ダビスタ』やっていた人が事前知識なしで見れば、非常に驚くことでしょう!

妙に気合の入ったキャラクターデザインで描かれるストーリー。

たぶん王道なストーリーだとは思いますが、この先どうなっていくのかは気になりますね!

なお第1話はチュートリアルなので、特にこれといった目標はありません。

強いて言えばリセマラで★5をたくさん手に入れるのが目標なのではないでしょうか?

リセマラについては「【ダビマス】リセマラのやり方 10連引けるのなら★5を2頭以上目指すのがベスト!」にて詳しく紹介していますので、よろしければ御覧ください。

第2話 馴染みの対抗馬

dabimas2

■第2話のあらすじ

かずまの前にもう一人の幼馴染である恭一が現れる。
恭一はいい加減な気持ちで牧場経営をしようとしているかずまに勝負を仕掛ける。
結果は……惨敗。
かずまは恭一に負けた悔しさから、本気で馬産の勉強をし始める。
そして見事、恭一の馬を打ち負かしたのであった。

 

目標 内容 報酬
恭一と対決しよう 次のレースで恭一の愛馬「キョウイチボンバー」と戦う 行動力+100
ダビフレ枠+1
金の馬蹄石×10
牧場内の人の話を聞こう 牧場にいる人から強い馬生産の秘密を聞く 行動力+100
ダビフレ枠+1
金の馬蹄石×10
馬の才能をレースで開花させよう 以下のいずれかのレースにて特別調教で覚えた才能を開花させる
■対象レース■
500万以下、1000万以下、1600万以下、重賞以外のオープンクラス
行動力+100
ダビフレ枠+1
金の馬蹄石×10

ここから本格的に『ダビマス』のプレイが始まります。

『ウイポ』で言うところの鳳さんのようなライバル馬主である恭一が登場し、戦っていくことになります。

この時は恭一と戦い続けていくのかと思ったのですが、意外とそんなこともなかったですね。

目標については特に何もわからずにプレイしても、ここまでは余裕でこなせるでしょう!

第3話 二人の幼馴染

dabimas3

■第3話のあらすじ

かずまの幼馴染であるなつきと恭一。
恭一はなつきに自分の牧場にこないかと誘いを掛ける。
しかしなつきはその誘いを断る。
かずまの父親に恩があり、そしてかずまがやる気になったから。
それを聞いて恭一は残念そうに去るのであった。

 

目標 内容 報酬
オープンクラスで勝利しよう 所有している馬のいずれかがオープンクラスのレースで1位になる 行動力+100
ダビフレ枠+1
金の馬蹄石×10
重賞に挑戦しよう 所有している馬が重賞、G3、G2、G1のどれかのレースに出走する 行動力+100
ダビフレ枠+1
金の馬蹄石×10

ストーリーとしては仄かに幼馴染同士の三角関係を臭わせる第3話。

目標としてもまだまだ簡単な部類ですが、オープンクラスになるとレースによってはG1ホースなども出てくることになるので、中々苦戦するかもしれません。

ですが自分で調教し、レース選択を間違えないのであればオープンクラスは突破できると思います。

調教のやり方などについては「【ダビマス】BCに勝つための調教法と最適な調教師の選び方」にて紹介していますので、よろしければ御覧ください。

第4話 偶像少女

dabimas4

■第4話のあらすじ

牧場にテレビの取材がやってくる。
その司会を努めていたはむリンに熱を上げるなつき。
だがはむリンは裏表の激しいアイドルだった。
牧場のことをバカにされたかずまははむリンを見返すために重賞制覇を目指す。

 

目標 内容 報酬
よくできた配合の馬を誕生させよう 配合時に「よくできた配合」を成立させる仔馬を誕生させる 行動力+100
ダビフレ枠+1
金の馬蹄石×10
重賞で1番人気で勝利しよう 重賞、G3、G2、G1のいずれかのレースで1番人気になった状態で1位を獲る 行動力+100
ダビフレ枠+1
金の馬蹄石×10
毎日王冠に勝利しよう 毎日王冠で1位を獲る
開催月:10月1週
行動力+100
ダビフレ枠+1
金の馬蹄石×10
ダビフレ種抽選を50回ひこう ダビフレポイントを使ってダビフレ種抽選を50回抽選する 行動力+100
ダビフレ枠+1
金の馬蹄石×10

まさかのストーリーにはむリンが登場し、まさかのはむリンの裏の顔が拝める第4話。

ギャップ萌えというか、これは逆に凄く良いキャラだと思いました(笑)

その一方で第4話から本格的に目標がえげつなくなってきます。

この時点で例えG1ホースを何頭も生んでいたとしても、毎日王冠に勝てなければストーリーが止まってしまう。

その毎日王冠に勝つために種抽選をたくさん行おうものなら、その次は種抽選を50回行うという2段構えの嫌がらせ。

何が酷いのかというと、この毎日王冠やダビフレ種抽選の目標は、事前に達成していたとしても反映されないという点です。

過去に毎日王冠に勝っていたとしても、ダビフレ種抽選を50回以上行っていたとしても全く意味がありません。

とりあえずダビフレ種抽選を50回行うために必要な10000ポイントは大切にとっておくようにしましょう。

もちろん筆者は使い切ってましたよ、コンチクショー(ToT)

ちなみに「よくできた配合」や第5話での目標となる「見事な配合」などの配合理論については「【ダビマス】BCに勝てる完璧な配合を行うための配合理論講座」でも紹介していますので、よろしければ御覧ください。

第5話 ウマゲノム女史

dabimas5

■第5話のあらすじ

牧場で配合研究を続けている素子。
寝食を忘れ研究を続けるも、その研究は行き詰まっていた。
父親との関係で共感を覚えたかずまは、そんな素子の研究に力を貸すことになる。

 

目標 内容 報酬
見事な配合の馬を誕生させよう 配合時に「見事な配合」を成立させる仔馬を誕生させる 行動力+100
ダビフレ枠+1
金の馬蹄石×10
産経大阪杯を勝利しよう 産経大阪杯で1位を獲る
開催月:4月1週
行動力+100
ダビフレ枠+1
金の馬蹄石×10

第4話に引き続き、一人のキャラクターに焦点を当てたストーリーとなりましたね。

まるでギャルゲーみたいだ。

ですがやること自体は第4話とそこまで変わりません。

「よくできた配合」よりは少し難易度が高いですが、同じような考え方で成立する「見事な配合」と、産経大阪杯の制覇となっております。

例によって事前に目標を達成していたとしても、改めて「見事な配合」や産経大阪杯制覇が必須の目標となっていますが、ダビフレポイントを貯め直すよりは容易でしょう。

その上でアドバイスするとすれば「見事な配合」については第4話の項で紹介した配合理論についての記事を見てもらうとして、産経大阪杯に勝つには距離適性が2000mを含む種牡馬を優先的に種付けするようにしましょう。

ちなみにですが、産経大阪杯は『ダビマス』ではG2のレースですが、2017年からG1に格上げされる事が決まっているレースです。

出走してくるメンバーもG1級の馬が多いので、距離適性を満たしつつきちんと配合理論を成立させた馬で挑むのが良いでしょう。

ウマゲノム研究所の公開はいつ?

というわけでとりあえず第5話までのあらすじと目標を掲載させていただきました。

ストーリー面ではウマゲノム研究所が取り上げられましたが、施設としてはまだ公開されていないんですよね。

使えるようになれば「完璧な配合」などがより成立しやすくなるとは思うので、早く実装されてほしいですね。

ですが自力で「完璧な配合」の競走馬を作るのもそこまで難しいことではないので、血統表とにらめっこしながら頑張ってみてください!

人によってはとっくにストーリーを最後まで見ている人もいるとは思いますが、まだの人はこの記事を参考にストーリー攻略をしてもらえれば幸いです。

スポンサードリンク

他のダビマスの記事はこちら

-競馬ゲーム
-, , ,