ウイニングポスト8 2017 お守りボーナスを活用して牧場運営を楽しもう!

2017/03/16

競馬シミュレーションゲーム『ウイニングポスト8 2017』

今作から追加された新要素として「お守りボーナス」というものがあります。

今までお守りの使い道と言えば競走馬や繁殖牝馬の購入程度で、史実期間が終わった頃にはほとんど使うことのないものでした。

それに対するテコ入れなのでしょうが、これが非常に便利だったので簡単に紹介していこうともいます。

スポンサードリンク

お守りボーナスを使うには?

「お守りボーナス」を使うには牧場に「お守り奉納所」を建設する必要があります。

「お守り奉納所」は一定数の施設を建設すると建てられるような施設です。

序盤は史実馬や繁殖牝馬を買うのにお守りを使いたいところですが「お守りボーナス」は便利な機能なので、使いすぎずある程度は貯めておくのもいいでしょう!

別のお守りやクラブ指示書と交換!

まずは基本的な使い道としてお守りをより価値の高いお守りと交換することができます。

  • 銅のお守り交換(赤のお守り×10)
    銅のお守り1枚と交換する
  • 銀のお守り交換(銅のお守り×10)
    銀のお守り1枚と交換する
  • 金のお守り交換(銀のお守り×10)
    金のお守り1枚と交換する

今までは年に1度、他の馬主と交換するイベントがありましたが、これで任意のタイミングで必要なお守りを手に入れることができるようになりますね。

またクラブ指示書をお守りを使って購入することも可能です。

  • クラブ指示書・銅10枚購入(銅のお守り×1)
  • クラブ指示書・銀10枚購入(銀のお守り×1)
  • クラブ指示書・金10枚購入(金のお守り×1)

特に積極的に使う必要のないボーナスですが、「お守りボーナス」には永続効果のものも多く、プレイを続けていけば自然とお守りが余るようになってきます。

そんな余ったお守りをクラブ指示書に変えるというのは一つの手かもしれません。

騎手や調教師と知り合うことができる

お守りを使うことで今まで知り合いでなかった騎手や調教師と知り合うことができます。

  • 騎手と知り合う(金のお守り×1)
  • 調教師と知り合う(金のお守り×2)

騎手は知り合いでなくとも騎乗依頼ができますが、調教師は知り合いにならなければ競走馬を預けることができません。

優秀な調教師に預けることは重要なので、あまり知り合いの調教師が多くない場合は使っていきましょう。

お守りボーナスによって新たな牧場長が登場!

『ウイニングポスト8 2017』では数々の新キャラクターが追加されましたが、この「お守りボーナス」を使うことによって日野悠希という牧場長を新たに登場させることができます。

またそれ意外にも牧場長に対して効果を与えるものがあります。

  • 牧場長の友好度アップ(銀のお守り×1)
  • 牧場長の得意施設変更(銀のお守り×1)
  • 牧場長候補増員(銀のお守り×5)
    牧場長候補として、「日高悠希」が追加される
  • 牧場長の衣装変更(水着)(金のお守り×5)
    通常の服装とは牧場長変更のタイミングで切り替えることができます

隠しキャラや水着などは一度購入すれば自由にに変更することができるので、余裕がある時にお守りを使用しておくのが良いと思います。

馬の故障や持病を直すことができる!

競走馬の中には生まれながらに持病を持つものやレースやトレーニングの中で故障する馬がいます。

それらをお守りを使って改善・短縮することができます。

  • 馬の故障期間を短縮(銅のお守り×1)
  • 馬の持病を改善(銅のお守り×1)

特に故障期間の短縮に関しては強化トレーニングなどで故障した場合も有効です。

強化トレーニングは非常に故障が発生しやすいのでこれを活用して緩和してあげるのが良いでしょう!

ちなみに「お守りボーナス」を使うことで強化トレーニングの効果も上げることができます。

  • 強化トレーニングの効果大(金のお守り×1)

こちらは1度使用すれば永続的に効果が得られるので、是非使いましょう!

牧場内の幼駒のイチオシがわかる

生まれたばかりの幼駒の能力は◎・○・▲といった印で記されています。

ですがこれは大体の目安であり、正確なところはわかりません。

しかし「お守りボーナス」を使うことで世代でイチオシの馬を教えてくれるようになります!

  • 幼駒の能力評価者イチオシ(金のお守り×1)

イチオシがわかれば優秀な幼駒を売ってしまうことは少なくなるはずです。

金のお守りを手に入れたら真っ先に使うべきでしょう!

牧場の工事期間や費用を減らせる!

牧場の施設を建設・維持するというのは非常にお金がかかります。

海外牧場を含めて全ての牧場を最大まで拡張するには数十年単位の時間が掛かるでしょう。

「お守りボーナス」を使えばそういったものを緩和することができます。

  • 牧場施設の工事期間を短縮(銀のお守り×1)
  • 牧場施設の工事費用を割引(銀のお守り×2)
  • 牧場施設の月維持費を割引(銀のお守り×2)

これらは全て永続効果です。

資金繰りが厳しくなってから使用するのは遅いので、さっさと使ってしまいましょう。

配合面でも恩恵を与えるお守りボーナス

最強の競走馬を作り上げる上で配合は非常に重要なわけですが「お守りボーナス」を使うことでその手助けを行うことができます。

  • 種牡馬の繋養数増加(金のお守り×1)
    種牡馬繋養施設の繁養数を1頭増やす(最大4頭)
  • 海外種牡馬を種付け(金のお守り×3)
    海外所有牧場の繁殖牝馬に海外種牡馬を種付けできる
  • 牡牝の産み分け(金のお守り×5)
    受胎中の繁殖牝馬を1頭選んで、産駒の性別を決める

それぞれ魅力的ですが、中でも牡牝の産み分けは非常にありがたい。

配合理論を組んでプレイしている人はもちろん、これを使えば意図的に春嵐イベントと春雷イベントを選択することができます。

新たに追加された嵐雷配合を行う意味でも非常に役立つボーナスですね。

子孫の顔や将来を決めることも可能に!

『ウイニングポスト8』では家族を持ち、その家族が騎手・調教師・牧場長などになって牧場運営を手助けしてくれます。

しかし生まれてくる子供の顔はランダムであり、将来の職業も決めることができませんでした。

ですが「お守りボーナス」を使うことによってそれらもプレイヤーが自由に決めることができるようになりました。

  • 子供の出産時の顔選択(銀のお守り×1)
  • 子孫・男性の顔の追加(金野お守り×1)
  • 子孫・女性の顔の追加(金野お守り×1)
  • 子供の進路相談(金のお守り×2)

親が子供を好き勝手するというのはどうかと思いますが、あくまでゲームの中の事と割り切るのであれば非常に有用なボーナスでしょう!

金のお守り99枚で秘書たちとの温泉イベントが発生!?

ここまでは牧場運営に使えるボーナスばかりでしたが、プレイ目標として「秘書全員と温泉旅行に行く」というボーナスがあります。

是非、目指してみてください!

  • 秘書全員と温泉旅行に行く(金のお守り×99)

金のお守りが99枚必要ということでこれまでのボーナスに比べて条件を満たすのは大変ですが、それでも目指す価値があるものだと思います。

お守りボーナスを使いこなすことでより上手い牧場運営を!

簡単に「お守りボーナス」について紹介してみましたが如何だったでしょうか?

便利になりすぎたという意見もありますが、個人的にはプレイの幅が広がって楽しくなったと思います。

おそらくオンライン対戦を勝ち抜く上でも重要になってくる要素だと思うので積極的に使っていくも良し、使うのを控えつつ秘書たちとの温泉旅行を目指すも良しです。

自分だけの箱庭ライフを楽しみましょう!

スポンサードリンク

ウイニングポストについてのその他の記事はこちら

-競馬ゲーム
-, , , ,