ウイニングポスト8 2017 新たな配合理論や歴代名馬100選など新要素に触れてみた!

2017/03/16

競馬シミュレーションゲーム『ウイニングポスト』

その2017年版である『ウイニングポスト8 2017』がPS4/PS3/PSVita/Steamで発売されました。

『ウイニングポスト8 2016』では新しいスーパーホースやクラブ復活などの目玉要素がありましたが、『ウイニングポスト8 2017』でも数々の新要素が追加されています。

そこで今回は実際に『ウイニングポスト8 2017』をプレイした上でそれら新要素をどのように感じたかを紹介できればなと思います。

スポンサードリンク

プレイ中にランキング形式で競える「歴代名馬100選」

『ウイニングポスト8 2017』の代名詞とも言うべき新要素がこちらの歴代名馬100選です。

これはゲーム内での勝鞍に応じてポイントを与えられ、歴代100位まで名を連ねるというものです。

ゲーム開始時はディープインパクトやオルフェーヴルといった史実馬ばかりですが、ゲームを進めていけば自分で生産した競走馬を登録することができるようになります。

今までのシリーズで言うところの「殿堂馬」を発展させた新要素ですが、個人的にはかなりやりごたえのあるシステムだと思います(殿堂馬自体は別に残っています)

あと地味に昔の名馬の写真が見れるのはそれだけで楽しいかったです!

新秘書や実在の競馬評論家が新キャラクターとして登場!

『ウイニングポスト8』では個性豊かなキャラクターたちが登場し、シリーズが進む中でそのキャラクターは順次増えています。

今作もその例に漏れず新たに5人のキャラクターが追加されました。

  • 新たな秘書として『ウイニングポスト7』から再登場した姫神ノエル
  • 新たな牧場長として加わった天童千歳日野悠希
  • 歴代名馬100選の案内人として登場した朱鷺坂端午
  • 実在の競馬評論家が本人として登場した須田鷹雄

ちなみに『ウイニングポスト8』には結婚システムもあり、当然ながら女性キャラとは結婚できます。

ただ実在の人物である須田鷹雄さんが結婚できるかどうかは未検証なのでわかりません。

とはいえ『ウイニングポスト8 2015』から登場している同じく実在の人物である守永真彩さんが結婚できてしまう以上、結婚できるのではないでしょうか?

その辺は非常に気になるところではありますが、自分で試すのはどうにも気が引けますね(笑)

世界最高賞金レースや新たなG1も

『ウイニングポスト』シリーズでは発売された年代のレーススケジュールがそのまま適応されています。

そして2016年から2017年に移り変わるにあたって、実際の競馬会では大幅な変更点がありました。

それは今までG2であった大阪杯とホープフルSのG1格上げです。

またアメリカでは世界最高賞金12億円のレースであるペガサスワールドカップが創設されました。

『ウイニングポスト8 2017』ではそれらが積極的に取り入れられ、特に大阪杯がG1格上げに伴い「春古馬3冠」といった新たな称号も増えたぐらいです。

他にも無敗でクラシックを制した馬には「無敗3冠」、春秋のマイル・スプリント・ダートのG1を制した馬にはそれぞれ「春秋マイル連覇」「春秋スプリント連覇」「春秋ダート連覇」といった称号がつくようになりました。

そして1年で「春古馬3冠」「秋古馬3冠」を制した馬には「国内王道完全制覇」という称号がつくようになります。

まだちょっとしかプレイしていないので他にもまだ見ぬ称号がありそうですが、これは非常にやりごたえがありそうですね。

より深まった育成要素

『ウイニングポスト8 2016』から追加された育成要素。

それがさらにプラスアルファされる形で「強化トレーニング」「お守りボーナス」が追加されました。

「強化トレーニング」は入厩したばかりの2歳馬をより鍛えるためのトレーニングです。

今のところどのトレーニングが良いのか何とも言えませんが、色々と試しながら自分に合ったものを見つけるのが良いと思います。

「お守りボーナス」はゲーム内で手に入れたお守りを使って様々な効果を得るための機能のようです。

今までは史実期間が終わるとお守りの使いみちが殆どなくなってしまったため、これは嬉しい機能ですね。

しかも金のお守り99枚で温泉イベントも起こせるようで、それを目標にプレイするのも楽しそうですね!

なお「お守りボーナス」については「ウイニングポスト8 2017 お守りボーナスを活用して牧場運営を楽しもう!」にて詳しく紹介しています。

お時間があればこちらもご覧ください。

新たな配合理論

育成要素の追加と同時に配合理論にも新たな物がいくつか加わりました。

  • 牝系配合
    両親共に主流牝系に属した馬である場合に発生する配合(爆発力x2~x4)
    両親のいずれか、あるいは両方が名牝系である場合、その爆発力の上昇量はx4まで増加します。
    既存の配合理論にお手軽に組み込むことができる良い配合理論ですね。
  • お披露目配合
    両親ともに繁殖1年目でG1に1勝以上している場合に発生する配合(爆発力x2)
    増加量はそれなりにですがお手軽にこなせる配合理論なので繁殖1年目の牝馬などは行う意味もありそうですね。
  • 100選配合
    歴代名馬100選に名を連ねている馬同士で発生する配合(爆発力x4)
    プレイ年数が進めば進むほど成立させるのが難しそうですが、それでも強い馬同士をつけるだけで爆発力x4は大変魅力的ですね。
  • 雷嵐配合
    春嵐イベントを発生させた種牡馬と繋養年数3年以内の春雷イベントをこなした繁殖牝馬で行う配合(爆発力x6~x10)
    ただでさえ起こすのが難しい春嵐・春雷イベントですが、条件さえ満たせば一時的とはいえ確実な爆発力の上昇を見込めるのが魅力ですね。
    なお爆発力に関しては春嵐・春雷イベントをどの程度こなしたかによって変動する模様です。
    全てのイベントをこなせば3冠配合と合わせて爆発力x14は確保できるのでそれだけで血をつなげるのに貢献できそうですね!

これらの配合はもちろん既存の配合理論と組み合わせることができます。

かつて筆者が『ウイニングポスト8 2016』で到達できた爆発力の最高値は86でした。

あの時はそれで満足してしまいましたが、新しく追加された配合理論を使って爆発力90超えの産駒を誕生させるのを目指すのも面白いかもしれませんね!

ちなみに爆発力86の配合理論を成立させる上で考えたことは「ウイニングポスト8 2016 爆発力80オーバーを目指すための配合理論講座」に書かれています。

『ウイニングポスト8 2016』の記事ですが、『ウイニングポスト8 2017』でも使えるテクニック満載なのでよろしければ御覧ください。

充実したオンライン要素

PS4/PS3/PSVitaでは今までのオンライン要素を排し、新たなオンライン対戦要素が追加されました。

今まではオンライン対戦をするためには毎回タイトル画面まで戻る必要がありましたが、牧場画面からいつでもオンライン対戦をすることができるようになり、さらに勝ち抜くことで競走馬づくりに役立つ様々な特典がもらえるようになりました。

上記の配合理論講座などを見て、オンライン対戦を制しましょう!

まとめ:新要素が追加されてより面白くなったウイニングポスト

歴代名馬100選や新たな配合理論といったテコ入れが入ったおかげで今までと違った感覚でプレイできるようになった『ウイニングポスト8 2017』

『ウイニングポスト8 2016』を結構やりこんだ筆者ですが、それでも素直に「面白い」と思えるぐらいには楽しめています。

とりあえず今後は爆発力90超えの配合を目指しつつ、のんびりプレイしていこうと思います(笑)

いつになるかわかりませんが、達成できたらまた配合理論講座を書こうと思いますので、その時をお楽しみに。

スポンサードリンク

ウイニングポストについてのその他の記事はこちら

-競馬ゲーム
-, , , ,