【FEヒーローズ】ルナティックをほぼ課金なしで攻略するために意識すべきこと

2017/02/23

27年の歴史を持つ手強いシミュレーションゲームのスマホ版『ファイアーエムブレム ヒーローズ』

スマホアプリということでロストのないシステムということで今までのシリーズより簡単と思う方もいるかもしれません。

確かにノーマルやハードであれば、修練の塔でレベルを上げれば誰でもいつかは攻略できるでしょう。

しかしルナティックモードはそうはいきません!

敵は強力なスキルや武器を持ち、後半のマップともなるとレベルMAXで敵の出現数5人といった難しいマップが並ぶようになります。

もちろん課金して強い★5のキャラクターを揃えれば多少は容易になるでしょうが、やっぱり自分の好きなキャラクターで攻略したい!

そんな人のために今回はなるべく課金なしでルナティックを攻略する上で意識すべきことや知っておくべきことなどを紹介しようと思います。

スポンサードリンク

リセマラをして目当てなキャラクターを引き当てる

身も蓋もないことを言わせてもらうのならば、まず真っ先にやることがリセマラです。

先程も言いましたが、ノーマルやハードはレベルのゴリ押しでどうにかなっても、ルナティックはそうはいきません。

★5のキャラクターを求めるのも良し、自分の好きなキャラクターの★4を求めるのも良し。

手間はかかりますが『ファイアーエムブレム』では貴重なリセットすることのできるタイミングです。

ノーリセプレイを信条としているといったわけではなければ行った方が無難でしょう!

なおリセマラのやり方については『【FEヒーローズ】リセマラのやり方 ホームでオーブを受取4回引くか序章をクリアして5回引くか城レベル上げるか』の方で簡単に解説しております。

もしよろしければ御覧ください。

エリートの城を最大まで拡張しよう!

『ファイアーエムブレム ヒーローズ』におけるオーブの使いみちは多岐にわたります。

ガチャを引くのはもちろんのこと、スタミナや対戦権の回復、全滅した際のコンティニューなどにも使用することができます。

ですがまずするべきはエリートの城を最大まで拡張することでしょう!

エリートの城を拡張することで経験値が最大で2倍まで膨れ上がります。

低レベルの内はあまり気になりませんが、レベル30を越えた辺りで中々レベルが上がらなくなってきます。

それを緩和する意味でも必ずエリートの城は最大まで拡張しましょう!

個性値とは?レアリティによる成長格差も?


※レベルが中途半端なのは★4をここまで上げたところで★5を引いたからです。

『ファイアーエムブレム ヒーローズ』には個性値というものがあります。

これは同じレアリティ、同じキャラクターでもステータスに差異があるというものです。

ただこの個性値ですが、同じレアリティの同キャラであればそこまでの違いは出ないものの、レアリティが違うと上記のようにはっきりとした違いが出てきます。

攻撃の値は武器による補正値も反映されているのでそこまでの違いはありませんが、他のパラメータに関しては純然たる差が存在しています。

なのでできることならば使いたいキャラクターは★5、最低でも★4にしてからプレイすることをおすすめします。

★4以下であればレベルは40まで上げて挑んだほうが無難?

上記の話にも関わってきますが、最終的なステータスの面で★4は★5に劣ってしまいます。

さらに装備できるスキルや武器にも差が生まれるため、必然的に★4以下で戦い抜くにはそれ相応の準備が必要となってきます。

なので高難易度マップを攻略するのに自信のない方は自軍のユニットをきちんとレベル40まで上げてから挑みましょう!

なおこの時、レベル上げに使うマップに金色の★マークがついているステージは避けてください。

この★マークは敵ユニットが付けているスキルのレアリティを表しています。

レベル上げで全滅したら元も子もないので、なるべく低いレアリティの敵でレベル上げするようにしましょう!

初戦は負け覚悟でユニットの配置位置を覚える!

『ファイアーエムブレム ヒーローズ』では自軍ユニットの配置位置を選択することはできません

ですが編成の順番を変えることで配置位置を操作することは可能です。

なので難関マップ攻略の際は1度目は様子見も兼ねて出撃し、自軍ユニットと敵ユニットの配置位置を覚えておきましょう。

ちなみにマップの配置位置を見たいだけならば、スタミナの消費量の少ないノーマルで確認するのも一つの手です。

ただその場合、敵ユニットのスキルや武器の確認はできませんのでご注意ください。

敵のスキルをきちんと確認する!

マップタイトルの★マークが敵のレアリティを表しているのは前述通りですが、レアリティが上がれば上がるほど敵の装備している武器やスキルの能力がえげつないものに変わっていきます。

中には見たこともないような効果を持つ武器やスキルを装備している敵キャラクターも潜んでいます。

なのでマップを攻略する際はきちんと敵のスキルや武器の効果をきちんと確認しましょう!

確認を怠ると敵が思わぬ動きで一気に自軍が瓦解する可能性があります。

一瞬の油断で全滅することもありますので、必ず敵の武器やスキルの効果を把握しておくようにしましょう!

マイニンテンドーアカウントを取得し、アイテムをもらう

画像引用元:マイニンテンドー-ファイアーエムブレムヒーローズで使えるギフト

『ファイアーエムブレム ヒーローズ』「ニンテンドーアカウント」と提携することで様々な特典を受け取ることができます。

提携するだけで無料でオーブが10個もらえる他、ストーリーをクリアするごとにアイテムと交換できるポイントを貰うことができます。

なお筆者の雑感は以下の通り。

  • オーブ×10 ←おすすめ
    ガチャを引いたり、スタミナや対戦権を回復したり、エリートの城を拡張したりなど使いみちは多岐にわたります。絶対にもらうべきでしょう。
  • 万物の大結晶×500 ←おすすめ
    レベル20以上の全てのユニットの経験値へと変換することができます。高レベルになればなるほどレベル上げは難しくなりますので、大変ありがたいアイテムだと思います。
  • スタミナ回復薬 ←無課金者向け
    敵のレベルが上がるほど、マップを攻略するのに必要なスタミナは上昇します。スタミナは時間で回復しますが、一気にプレイするのであればこちらをもらうべきでしょう。
  • 光の加護 ←無課金者向け
    全滅した時にコンティニューすることができます。高難易度マップをゴリ押しでもいいからクリアしたいのであればこちらをもらいましょう。
  • 対戦権の剣 ←課金者向け
    闘技場の対戦権を回復することができます。闘技場で勝ち抜けば多くの英雄の羽根がもらえますが、そもそも強いユニットがいない場合は勝ち抜くのも難しくなってきます。どちらかと言えば課金者向けのアイテムなのではないでしょうか?
  • 万物の結晶×500 ←地雷
    レベル19以下の全ての属性のユニットの経験値に変えることができますが、そもそも低レベルのユニットのレベルを上げるのはそこまで苦ではありません。これをもらうくらいであれば「万物の大結晶×500」をもらいましょう。

オーブ×10以外はポイントさえ貯めれば何度でももらうことができるので、プレイスタイルに合わせてもらうアイテムを選択しましょう。

どうしても今のメンバーで無理そうならば課金して★5を引き当てる!

ここまでは無課金で攻略しましたが、それでもクリアできないというのであれば課金して★5を引き当てるべきでしょう。

『ファイアーエムブレム ヒーローズ』では育てたユニットのレアリティを上げることができますが、そのためには大勲章と英雄の羽根が必要になってきます。

大勲章の方は自然と必要数が集まると思いますが、★4から★5にレアリティアップをするためには英雄の羽根が20000枚必要です。

今後イベントなどで配布されることもあるとは思いますが、いくらなんでも短期間で集めるのは現実的ではないでしょう。

仮に★5が当たらなくとも、★4や★3を英雄の羽根に変えて今まで使ってきたキャラクターを★5にして育て直すだけでも変わってくると思いますので、どうしてもクリアできない時は無理のない範囲で課金しましょう!

最後は光の護符に頼るのもあり?

課金することに抵抗があるのならば、光の護符や余ったオーブを使ってコンティニューするのも一つの手です。

あくまでクリアすることだけを目指した場合の選択ですが、特にルナティック9章は敵は全て★5相当のスキルを持ち、ユニット数も5体です。

★4と★5では個性値にも差があるので、レベルMAXだとしてもステータス面で差が出てしまうでしょう。

何度かプレイしていれば敵の動きを把握し、有効な戦術を立てることもできるでしょうが、それでもどうしても勝てないのであれば渋々コンティニューに頼りましょう。

まとめ:好きなキャラクターで極めてこそのエムブレマー

ここまでざっと紹介してみましたが如何だったでしょうか?

今回はどうしても課金したくないという人もいると思うので、なるべく課金なしという形で筆者なりの攻略法を紹介させて頂きました。

個人的には課金して強いユニットも揃えるのはありだと思いますが、それと同時に「エムブレマーはMブレマー」といった格言のように、難しければ難しいほどにやり甲斐を覚えるのがエムブレマーだと筆者は考えています。

課金して好きなキャラ4人で攻めるも良し、無課金で限られたキャラクターで縛りプレイのように攻略しても良し。

プレイスタイルは千差万別ですが、この記事が多くのエムブレマーたちの手助けになれば幸いです。

スポンサードリンク

ファイアーエムブレム ヒーローズの他の記事はこちら

また過去作『ファイアーエムブレムif』についての記事は「ファイアーエムブレムif 記事まとめ」にて紹介しています。

カップリング考察がメインですが、もし興味があればご一読お願いします。

ファイアーエムブレム  ヒーローズ

ファイアーエムブレム ヒーローズ
開発元:Nintendo Co., Ltd.
無料
posted with アプリーチ

-ファイアーエムブレム
-, ,