【FEエコーズ】ソニアの村人のフォーク考察 敵を引き寄せ急所を突く!

2017/08/14

2017年4月20日発売されました『ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王』

1992年にファミリーコンピュータ用ソフトとして発売された『ファイアーエムブレム 外伝』のリメイク作品として発売された本作。

発売から1週間後に無料配信された「村人のフォーク」

アルムとセリカ以外の全てのキャラクターを村人にクラスチェンジさせることができるこのアイテム。

これによって本来ではなることのできない兵種にクラスチェンジすることができるようになりました。

もしかすると元々の兵種よりそのキャラクターに合ったクラスチェンジ先があるかもしれない。

そういったコンセプトの元、各キャラクターごとにおすすめのクラスチェンジ先を考えていきたいと思います。

今回はディーンと二者択一で仲間にすることができるソニアについて紹介します。

スポンサードリンク

ディーンより攻撃的な性能

ソニアは初期兵種が魔道士としてセリカ軍で仲間にすることができます。

『FEエコーズ』におけるソニアの上限値
HP ATK TEC SPD LUC DEF RES
52 41 42 39 38 40 40
『FEエコーズ』におけるソニアの成長率
HP ATK TEC SPD LUC DEF RES
40% 45% 50% 35% 30% 40% 4%
※参考データ『FE外伝』におけるソニアの成長率
HP ATK TEC SPD LUC DEF RES
30% 30% 30% 30% 30% 30% 0%
引用元:Serenes Forest

ソニアは成長率と上限値が共にATKとTECが高めになっています。

これによって高威力の攻撃を敵に命中させやすいわけですが、その反面SPDとLUCの上限値が低く敵の追撃と必殺の恐怖が常に付きまとってしまいます。

とはいえ初期兵種である魔道士系のように敵の反撃を受けない位置から攻撃を仕掛ける分にはそこまで気にならないと思います。

※参考データ『FEエコーズ』におけるディーンの上限値
HP ATK TEC SPD LUC DEF RES
52 41 40 39 38 41 40
※参考データ『FEエコーズ』におけるディーンの成長率
HP ATK TEC SPD LUC DEF RES
60% 45% 35% 40% 15% 40% 0%

ちなみにソニアと選択で仲間にできるディーンと上限値を比較するとTECが下がった代わりにDEFが上がったといった数値になっています。

両者ともにLUCの低さが気になりますが、前衛を行いたいのならばディーン、後衛が欲しいのならばソニアといった選択もありかもしれませんね。

なおディーンとソニアの細かい比較については「ディーンとソニアのどちらを仲間にするべきか考察してみた!」にて紹介しています。

よろしければこちらもご覧ください。

クラス別解説

ここからは各クラスごとに簡単に解説していきます。

ソシアルナイト・パラディン・ゴールドナイト

女性キャラをソシアルナイト系にする利点は最上級職までクラスチェンジする機会に恵まれることです。

最上級職になれるということは、それだけ成長の機会に恵まれるということですが、そもそも上限値まで成長させたいのであれば「魔戦士ループ」のできるディーンを仲間にした方が手っ取り早いような気がします。

単純にステータス面で強いキャラクターを使いたいのであれば、ソニアに固執せずディーンを選ぶというのも選択肢の1つでしょう。

ペガサスナイト・ファルコンナイト

マップを縦横無尽に駆けることができ、魔物にも強くなれるペガサスナイト系。

ですがソニアは前衛よりも後衛向きのユニットであるにも関わらず、弓に弱くなるというのは大きなマイナス点です。

魔物に強く出たいだけなら「エンジェル」を習得できるシスター系にクラスチェンジすれば良いだけですし、特にクラスチェンジする必要はないと思います。

シスター・聖女

ソニアをシスター系にした場合、覚える魔法は以下の通り。

ソニアの習得魔法
習得魔法 習得レベル
リザイア シスターレベル1
リカバー シスターレベル1
エンジェル 聖女レベル1
リワープ 聖女レベル5
ドロー 聖女レベル10

ソニアをシスター系にした場合、基本的な魔法だけではなく「リワープ」や「ドロー」といった限られたキャラクターのみが覚えられる魔法を習得できます。

特に「ドロー」は「敵一人を隣に移動させる」という非常に強力な効果があり、さらに習得できるのがソニアだけ。

ですがこの2つの魔法は魔道士系でも覚えることができるので、むしろ重要となってくるのはシスター系のみが覚える「リザイア」と「エンジェル」です。

前者は回復効果、後者は魔物特攻の効果がある攻撃魔法です。

魔道士系で覚える攻撃魔法も便利ですが、魔法メインで戦うのであればシスター系の方が良いのかもしれません。

魔道士・神官

ソニアを魔道士系にした場合、覚える魔法は以下の通り。

ソニアの習得魔法
習得魔法 習得レベル
ファイアー 魔道士レベル1
サンダー 魔道士レベル1
エクスカリバー 魔道士レベル1
リカバー 神官レベル1
リワープ 神官レベル5
ドロー 神官レベル10

ソニアの初期兵種である魔道士系。

シスター系でも書いた通り「リワープ」と「ドロー」は魔道士系でも覚えることができます。

攻撃魔法に関しては3マス攻撃が可能な「サンダー」必殺率の高い「エクスカリバー」と使い勝手の良い魔法が揃っています。

ですが魔道士系の場合、その利点は神官になることで剣を持つことができる点です。

「勇者の剣」をもたせればソニアのTECを最大限まで活かすことができます。

LUCの低さから前線で戦わせるのに不安はありますが、よりアタッカーとして使いたいのであれば魔道士系にするのが良いでしょう。

ソニアのおすすめクラスは?

ソニアのおすすめクラスチェンジ先
ソシアルナイト系 ペガサスナイト系 シスター系 魔道士系
X

ソニアに関してはよっぽどのことがない限り、魔道士系で問題ないと思います。

1マスならば「勇者の剣」での物理攻撃、2マスならば必殺の高い「エクスカリバー」、そして3マス範囲にも攻撃できる「サンダー」と優秀な攻撃手段が3つもあります。

さらに遠くの敵を引き寄せて袋叩きにすることができる「ドロー」を使うこともできるので、魔道士系のままでも十分活躍できると思います。

もし違う兵種にするのであれば、「リザイア」を用いて単騎で戦闘を継続できるシスター系にするのが良いでしょう

追記:おすすめのオーバークラスは?

ソニアにおすすめのオーバークラス(※リンク先は各オーバークラスの考察ページ)
ゲイレルル マッハ タイタニア モルガーナ

最上級職を越えた「オーバークラス」にクラスチェンジすることができる追加コンテンツ『封印の祭壇セット』

ATKとTECの上限値が高いソニアはより攻撃役として優れた性能を持たせたいのでモルガーナにするのがおすすめです。

モルガーナになることで「デス」「スライム」といった射程3マスの攻撃魔法を習得し、さらにATKの上限値も大幅に上昇することになります。

これによって魔法攻撃役としては非常に優れた活躍をしてくれることになると思います。

またモルガーナには劣りますが、ソニアのLUCの上限値を補いつつ「Mシールド」「レスト」の補助魔法を習得できるタイタニアにクラスチェンジするのも一考の余地はあると思います。

スポンサードリンク

他のクラスチェンジ考察記事はこちら

クラスチェンジの基本

初期兵種が村人のクラスチェンジ考察

魔戦士ループを用いたクラスチェンジ考察

アルム軍の「村人のフォーク」を使ったクラスチェンジ考察

セリカ軍の「村人のフォーク」を使ったクラスチェンジ考察

追加キャラクターのクラスチェンジ考察

またこれ以外の『FEエコーズ』に関する記事は「ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王 記事まとめ」にてまとめています。

もしお時間がございましたらそちらもご覧ください。

-ファイアーエムブレム
-, , , , , ,